牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

なんとか復活したようで 

170930_ホテイアオイ

先週土曜日に久しぶりに水城(すいじょう)公園を通ったので、100mほど遠回りしてあおいの池のホテイアオイを見て来ました。まだ見頃ですね。

170930_藍

そのあと藍染体験工房へ行き藍のチェックをしました。
まだ色素が残ってる東の甕の状態が約2週間前からはっきりせず心配していたのですが、この一週間サーモの設定を30℃にしてあったにも関わらず、こんな具合。右が西の甕、左が東の甕です。すすぐと薄い水色になります。一週間前よりはやや良くなっていますが…

検温するとやっと25℃を越える程度。30℃設定なのに!
温め始めに時間がかかるのかも。
設定温度を32℃に更に上げて、今度こそ温まってくれることを願って。

171001_藍染め01

次の日の日曜日の朝、昨日よりは温度も26℃になり、色もやや復活してきた東の甕。
本日のご予約は風呂敷で、仕込みがある予定だったので、思い切って更に設定温度を35℃に上げました。
仕込みにはある程度時間がかかるので、その間にちゃんと液温が上がって菌が元気になってくれることを願って。

171001_藍染め02

こちらは西の甕に5分浸けてみたところ。西は薄いのでこれでまずまずです。
ぎりぎりまで東の甕にはふたをして、温まりやすくしたところ、体験のOさんが手を入れた時に「こっちのが温かい」とのことだったので、温まってるのね…と少し安堵しました。

171001_藍染め03

生地はほどほどに薄くて、よく染まっている様子が見て取れました。

171001_藍染め04

こちらが完成です!
良かった…ちゃんと染まってますね。

171001_検温

最後に検温したら28℃越え。35℃設定でやっとここまで上がってくれたか〜。
ここまで温まれば御の字なので、設定を30℃に下げて帰宅しました。

今週は寒い日がありそうですが、来週の藍染めもなんとか大丈夫そうです。
スポンサーサイト
( 2017/10/02 08:00 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する