牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

7/15(土)の藍染め 

170718_藍染め01

ご紹介が遅くなりましたが、7/15(土)の藍染めの様子です。
この日は団体さんの貸切でした。
牧禎舎 藍染体験工房では、スタッフの予定が合えば臨時開館も可能です。

*7〜8月はもう臨時開館は出来ませんが、9月以降はご相談ください。
臨時開館は、14名以上〜25名以下、ハンカチの場合のみお受けいたします。
(人数が多いと、大きなものは染められないのと、スタッフの人数に限りがあるためハンカチに限らせていただいてます)

持ち込みは今のところ受付しておりませんので、持ち込みの場合は通常の日曜日にご予約されてご来館ください。

170718_藍染め02

まずはハンカチにビー玉や石ころなどを仕込みます。人数が多いので籠染めはなしにしました。嵩張るのと、ハンカチサイズの籠はひとつしかないので。

170718_藍染め03

仕込みが終わったら、水に浸けて少し待ちます。人数が多いので3班に分かれて藍染めしていただきました。水に浸けてる間に染める時の注意点(滴った液で汚れます、の説明)をしました。最近、やっとこの余裕が出てきました…。
藍染めの液は茶色っぽい色をしているのですが、きちんと染めると青くなるのに、飛び跳ねた液は茶色のままなのです。しかも洗濯で落ちません!*漂白すれば落ちるかも。

170718_藍染め05

いよいよ染めです。大人も混じっているので、ひとつの班5〜6人です。

170718_藍染め04

3分を2〜3回繰り返していただきました。
かなり西の甕が薄くなっているので、時間に余裕のあるとき&根気のあるときは4回くらい染めた方が以前と同じくらいの濃さになるかと思います。

170718_藍染め06

出来上がり!
ほかにも色々ありましたが、写真撮影する余裕がなくて…。
ご紹介出来ず残念ですが、くじゃく絞りもあったし、棒絞りもありました。

この後3回洗ったら、ハンカチとしてお使いいただけます。

暑い中、藍染体験どうもありがとうございました。
スポンサーサイト
( 2017/07/18 09:33 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する