牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

6/11(日)の藍染め 

170612_足袋博

昨日は午後からグループでの予約をいただいていたので、午前中は足袋とくらしの博物館(足袋博)とミュージアムをうろうろ…友人に送る半足袋を選んだりしました。この日はMy足袋づくり体験の日だったので、職人さんも忙しそうでした。
足袋博のとなりにある愛宕神社には紫陽花が色づいていましたよ。ちょっと涼しげ…。

170612_忠次郎蔵そば店

そしてちょっと早めのお昼。
先々週、裏技!?を教えてもらい、忠次郎蔵からお蕎麦を出前。*出前サービスは通常しておりません。
牧禎舎が目と鼻の先で、食べに行ってしまうと牧禎舎が留守になるため、「前はよく牧禎舎に届けてたんだよ」という情報を小耳にはさみ、お聞きしてみた次第。

初めて肉汁そばを注文しましたが、おいしかったです!

170612_藍染め01

午後になり、藍染めに来てくれたのは年末に来てくれた親子。今回はご友人の皆さんも一緒に行田まで遊びに来てくれました。手ぬぐい(晒)を持ち込みで藍染めします。

170612_藍染め02

今回、ほとんどの方が最後に染める前に輪ゴムなどをところどろこ外して、藍返しをされました。
外したところが茶色っぽくなってるのが分かりますでしょうか?
ラスト1回染めると、この部分が薄い水色になります。

170612_藍染め03

出来上がった手ぬぐいがこちら!

170612_藍染め04

みんなそれぞれで楽しいですね。
西→東…と3〜5分を4回ほど繰り返しました。

今回は時間の都合で忠次郎蔵のゼリーフライにありつけず、残念でしたね。
お昼のお蕎麦と一緒に注文しとけば良かったね!

牧禎舎には手ぬぐいの在庫はないので、染めたい場合は持ち込みでお願いいたします。
暑くなって来たので生地屋さんにも10mくらいの長さで販売してるかと。

-------------------

★参加者まだまだ募集中!★

170514_WS19ポスターサムネイル

藍染めキルティングポーチづくり

▶日時 *全3回(場合により4回)
6月17日(土)10時~、7月1日(土)、22日(土)
各10時~12時

▶集合場所
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
自分で藍染めした布を使ってポーチを作ります。柄は自由です。無地でも良いし、ビー玉を入れたり、ツートンにしても。ご相談ください。
初日に藍染めに進めなかった方は6月23日~25日の間に要藍染めしていただきます。または初日の午後に染めてもOKです。
見本のような大きな模様ひとつや、無地の藍染めは早ければ初日の2時間内で出来ます。
7/1、22はキルティングなど縫製の工程になります。

サイズ:H10×W15.5×D3cm。キルト講師:飛田恭子

▶定員
12名

▶対象
小学4年生~(針が使えればOK)

▶費用
3千円

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎048-552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net

担当:永島(ながしま)

------------------
スポンサーサイト
( 2017/06/12 08:00 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する