牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

足袋屋横丁ミーティング! 

170428_足袋屋横丁ミーティング01

写真は時田蔵前を歩く行田の足袋屋さんたち。+ゼリ研の代表・松井さん。

昨日は「足袋屋横丁」のミーティングでした。「足袋屋横丁」は今年の「ぎょうだ蔵めぐりまちあるき」と同日開催する企画で、行田の足袋屋さんが牧禎舎の近くにある北谷通りにて足袋の販売とPRします。

今回は後藤足袋さん、武蔵野ユニフォームさん、創作足袋 千代の松さん、きねや足袋さんが出席でした。イサミコーポレーションさん、ガクヤさんは都合が合わず残念。

170428_足袋屋横丁ミーティング02

代表者を決め、それぞれの出店場所も決まり、北谷通りを実際に確認です。
これまでそれぞれ歩いたことはある通りでも、これだけまとまって行くのは初めて。
蓮華寺通りすぐそばの創作足袋 千代の松の戸塚さんも、近くでも滅多に来ないらしく「道路がきれいになったんだね」と。そうなんです。いま、北谷通りがほんの少しだけ熱いんです。微熱。

170428_足袋屋横丁ミーティング03

商工会議所の福嶋さんとポージングをとるムサユニの金谷さん。足元は成田家の家紋刺繍入りの地下足袋。足袋屋横丁、いろんな足袋が集まりそうです!
スポンサーサイト
( 2017/04/28 08:00 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する