牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

藍の芽が出て来ています&藍の茎染め! 

170415

アーツ&クラフツの際に藍の種をお持ち帰りいただいた皆さん。その後、種まきしましたか?

わたしは昨年は真面目に教科書通りお彼岸頃に種まきしましたが、今年は不精して一部しか蒔いておらず、まだこれから蒔く種もあるほどです。

今年は出遅れたなぁ〜と思っていたら、外に出しっ放しだったプランターにしっかり藍の芽が出ていました。
プランターの中に落ちた種が自然発芽したんですね。

ラッキー♪と思ったと同時に、今年は土をもっと多くしようと思ってたので、どうやって移そう…と思うのでした。
もっと大きくなって植え替えの時期になったらそのとき土を足してみようと思います。


ところで…牧禎舎で昨年育てていた藍はそのままプランターの中で枯れていったのですが、茎がしっかりしていたので梅みたく草木染めが出来るんでは?ということで手織り工房ー志楽ーさんへお渡ししてありました。

すると先月、志楽さんが試しに染めてみた布を持って来てくれました!
こちらです。

170415_藍の茎染め

赤茶色のほうがアルミ媒染、焦げ茶色が鉄媒染だそうです。まるで茎と同じような色ですね。これはこれでまた藍色とは違うカッコいいものが出来そうですね!
いずれまたWS出来るといいな。
スポンサーサイト
( 2017/04/15 08:00 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する