牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

牧野本店、工事が進んでます 

170319_足袋とくらしの博物館

この写真はこの間の土曜日の様子。牧野本店の工事が急ピッチで進み、職人さんが大集合していました。足袋とくらしの博物館前の駐車場には職人さんの車がズラリ。でも足袋博は開館していますよ!奥へどうぞお進みください。

170319_牧野本店

足袋博の中から見た牧野本店の様子です。年末にはなかった床が、ありますね!
ありし日の店蔵の姿をお披露目出来るのはいつになるでしょうか?楽しみにお待ち下さい。

--------------

WS18サムネイル

藍染め「ふっくら足袋」づくり

▶日時
4月9日(日)
(1)10時~12時(2)13時半~15時半 各回 8名ずつ

▶会場
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
忍城のイラスト入りこはぜが付いた足袋型ストラップ「ふっくら足袋」を牧禎舎の藍染め生地を使ってつくります。底に使用する刺し子生地は「白」「雲」のどちらかをお選びください。
講師:豆足袋工房

▶予約の定員
各回8名 計16名

▶対象
小学4年生~

▶費用
千円

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎048-552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net
スポンサーサイト
( 2017/03/20 08:00 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する