牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

神楽坂にて「神楽坂きもの倶楽部」写真展 3/25〜 

http://kaguramura.jp/?post_type=jikanwari&date=2017-03-25#post_3211

「蔵めぐり」の準備が進む、今日この頃。
ここ埼玉県行田市で開催される「蔵めぐり」には多くの着物ファンの方にお越しいただいています。
その中には個人で参加されてる方のほかに着物の愛好家の団体もいらっしゃいます。

そんな団体さんのひとつが「神楽坂きもの倶楽部(前身:きもの百人 神楽坂)」のみなさんです。

今回は神楽坂のカフェにてこの9年の活動報告写真を展示されるそうです。

「神楽坂きもの倶楽部」さんと言えば…。
昨年と一昨年の蔵めぐりのポスターにも登場するオシャレきもの男子!きもの+帽子が目印です。

20150425_kurameguri02

蔵めぐり2016ポスター

とくに昨年、ポスターにも蔵めぐりにも参加されたジローさん。私はほとんどお会いしたことないままでしたが、昨年末お亡くなりになられたジローさんを偲ぶお写真も展示されているそうです。

着物好きの皆さま、ぜひ着物で神楽坂へ写真展を見に行かれてみてください。

--------------

WS18サムネイル

藍染め「ふっくら足袋」づくり

▶日時
4月9日(日)
(1)10時~12時(2)13時半~15時半 各回 8名ずつ

▶会場
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
忍城のイラスト入りこはぜが付いた足袋型ストラップ「ふっくら足袋」を牧禎舎の藍染め生地を使ってつくります。底に使用する刺し子生地は「白」「雲」のどちらかをお選びください。
講師:豆足袋工房

▶予約の定員
各回8名 計16名

▶対象
小学4年生~

▶費用
千円

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎048-552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net
スポンサーサイト
( 2017/03/17 08:00 ) Category ・未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する