牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

【WS18:4月のWS】藍染めふっくら足袋づくり 

WS18ポスター

お知らせの準備がだいぶ遅くなってしまっていました。
『市報ぎょうだ』3月号にも掲載していただきましたが、今度のWSは4/9(日)開催となっています。
行田好きにはお馴染み「豆足袋ストラップ」の豆足袋工房さんを講師にお迎えして、「ふっくら足袋」を縫って作ります。

最初、豆足袋がいいなぁ〜と思ってたんですが、小さすぎても難しい、ということが分かり、豆足袋よりは大きめサイズのふっくら足袋になりました。

いつものようにこちらで事前に藍染めされた生地を使用して、当日は縫う作業からスタートです。

もちろん豆足袋工房オリジナルの忍城のイラスト入りこはぜも付けますよ!

午前と午後の回があります。ぜひご参加ください。

--------------

藍染め「ふっくら足袋」づくり

▶日時
4月9日(日)
(1)10時~12時(2)13時半~15時半 各回 8名ずつ

▶会場
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
忍城のイラスト入りこはぜが付いた足袋型ストラップ「ふっくら足袋」を牧禎舎の藍染め生地を使ってつくります。底に使用する刺し子生地は「白」「雲」のどちらかをお選びください。
講師:豆足袋工房

▶予約の定員
各回8名 計16名

▶対象
小学4年生~

▶費用
千円

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎048-552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net
スポンサーサイト
( 2017/03/01 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する