牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

B-1グランプリスペシャル、無事終了しました 

161206_B1グランプリスペシャル03

B-1グランプリスペシャル、お天気にも恵まれ、2日間無事終了しました。
会場へお越しいただいた皆様、声をかけてくださった皆様、どうもありがとうございました。

今年7月に発売された池井戸潤さんの小説『陸王』(集英社)の舞台が行田市とあり、会場で足袋を販売していると陸王のお話をしてくださる方々がいらっしゃっいました。読んでくださってますね!(足袋とくらしの博物館へも読者の皆さんがいらっしゃってるようですよー)

皆さんとお話して、改めて行田市って色んな話題があるなぁと再認識しました。

また、今回も準備にたくさんの方にご協力いただき、足袋蔵の出展だけでなく、ゼリーフライのブースに+αの演出が出来ました。
B-1のBは地域「ブランド」のBだそう。あくまで出店ではなくて出展なのですって。
販売よりも地域のPRが本筋ということなのですね!

そういった意味で今回いろいろなモノづくりに、仕立て屋りゅうのひげさんに大きく関わっていただいたことで、色んなものやアイデアが出て、更に、実現したと思います。
アイデアがあっても作れる人がいないと成り立ちませんし、作れる人がいても腰が重くて実現しないことも多々あるので仕立て屋りゅうのひげさんみたいなフットワークの軽い方が近くにいるというのは大切な強みですね。
「ここにしかないもの」を作りたい皆さん、ぜひ牧禎舎にアトリエを構える仕立て屋りゅうのひげさんへご用命ください〜。

161206_B1グランプリスペシャル02
ゼリーフライの「銭袋」!在庫が少しありますので牧禎舎でも購入可能です。*牧禎舎の休館中は足袋蔵まちづくりミュージアムにてお取り扱いされると思います。ミニカイロを入れるとホカホカになりますよ!笑

B-1では上位3団体はすべて市長がPRに来場されていたそうです。
市をあげて楽しめるということは、住んでも楽しいかもしれないですね。
スポンサーサイト
( 2016/12/06 08:00 ) Category ・イベント出展/出張販売 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する