牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

10/16(日)の藍染め 

161017_藍染め05

秋晴れの良いお天気。風もなく、のんびりした空気が漂う行田です。

そんな中、母娘で藍染め。
プリント柄の手拭いに+藍染め。プリント柄が淡かったので藍もなるべく淡く、西の甕 3分×2回。
西の甕は薄いようでいて、まだまだ濃いですね。

161017_藍染め06

ハンカチの藍染めも。

161017_藍染め07

途中でくくっていた輪ゴムの一部を取り外すと、写真のように濃いところと薄いところが出来ます。あまり濃くない色が良い、とのことでしたので、西の甕に2〜3回(薄いところは1回)浸けました。時間は失念。

161017_藍染め01

こちらは籠染め。このときは染めるものがいろいろあったため、いつもは薄いほうの甕から先に入れて染めるのですが、西の甕で藍染めしている間に濃いほうの東の甕のみで5分×3回染めました。

161017_藍染め02

Tシャツもところどころ絞って藍染めしました。
途中で模様に濃淡をつけるためにくくっていたところをいくつか解きました。

161017_藍染め03

力作のシャツやTシャツ、完成です!
一番多くて6分×5回染めています。
素材によって、また布の目の粗さなどにもよって、同じ回数を染めても色の濃さが違います。

161017_藍染め04

午後からは飛び入りの方がハンカチを藍染め。どーん!とインパクトのある巻き上げ絞り。良いですね!
午前中のみなさんが藍の菌にやさしく藍染めしてくれたので、まだ菌がお元気そうです。
西の甕で3分×3回藍染めしました。
スポンサーサイト
( 2016/10/17 08:00 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する