牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

瓶覗き 

161119

一度染めてみたい色「瓶覗き」。
藍染めの中で一番淡い水色のことです。
さっと一瞬染めて作るわけじゃなく、もう大分色素が少なくなった甕で藍染めした淡い色です。
せっかく建てた藍。出来るだけ余すところなく色素を使い切りたく、そして最後の最後の淡い色をしっかり染めてみたいなぁって思います。

前回藍建てしたきっかけは、薄くなってきて「もうそろそろしたらやっと瓶覗き出来るかなぁ」というタイミングで藍の具合が悪くなり、もう結構薄くて建て替えの時期だったから…と、そのまま菌を復活させることなく建て替えてしまったのでした。
それなので淡い色で染められなかったのでした。

淡い色を染めるのは、濃く染めるよりもタイミングが大事だと思うので、みなさんが日曜日ごとに藍染めしてくれた積み重ねでやってくるチャンスです。なんだかワクワクしますね。
スポンサーサイト
( 2016/11/23 08:00 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する