牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

9/24(土)の藍染め 

160926_藍染め01

雨降りがよく続きます。土曜日も朝はほんの少し明るい曇り空でしたが、どんどん空は雨雲に覆われてしまいました。
忍町アートギャラリー2日目のこの日は、市内を「バリアフリー点検」のグループの方々がたくさん歩かれていました。藍染体験工房は車椅子での藍染めも出来るけど、入り口に取り外しのきくスロープがないと入りづらいですね。そういえば以前は工場から入ったっけ。すっかり頭が回らず忘れていました。

写真は小学一年生の子が自分で着る長袖Tシャツにビー玉を仕込んでいるところ。藍染め2回目らしく、ビー玉を入れる手つきが慣れていました!

160926_藍染め02

こちらはママの籠染め。ハンカチです。そろそろこの小さな籠も買い換えなくっちゃ…。

ハンカチは西の甕×3分、東の甕×3分、西の甕×3分。
長袖Tシャツは西の甕×5分、東の甕×5分、西の甕×5分藍染めしました。

なんとなく藍染めの液が冷たく感じられるようになりました。25℃。いまはまだ常温です。今年は夏も早かったけど冬も早いのでしょうか?

160926_藍染め03

見て下さい!大人だったらTシャツのど真ん中に入れてしまいがちなビー玉を、両サイドのみに留めました。かわいいですね。

160926_藍染め04

後ろはおしりのところにだけ大きく虹みたいに絞りました。

籠染めのハンカチはこうしてみると銀河みたい。お子さんにも色んな形が浮かんで見えているようでした。眺めるだけでしばらく楽しめるね!
スポンサーサイト
( 2016/09/26 08:00 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する