牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

布を染める際は 

160730

縫製品ではなく布を染めるときは切れ端のところをかがってから染めると布がほつれていかなくて便利です。

こちらはきちんとロックミシンをかけてありますが、手縫いで大雑把にかがるだけで全く違います。

染めながら、洗いながら、どんどんほつれてしまって思ったサイズよりも小さくなることもあります。
加えて藍染すると布が縮むのでなおさらです。

さて、こちらの生地で何が出来上がるでしょうか?良いのが出来るといいな。
スポンサーサイト
( 2016/07/30 08:00 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する