牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

お待たせしました、藍染足袋の生地づくり 

足袋蔵ネットワークには、先日の藍染め足袋デザインコンテストの新作足袋とは別に、これまで作ってきた藍染め足袋というのがあります。
ずっと前から足袋職人さんから預かっていた「足袋用の生地」…。無地に染めるものと、もうひとつ「絞り」染めをするものとがあります。

この絞り染めのほうは特になかなか着手出来ず…
生地が品薄状態になったままのようでご迷惑おかけしています。

160629_足袋_絞り01

先日、やっっっと着手しました!
チャコパーで印付けして…

160629_足袋_絞り02

お手伝いに来てくれたふるカフェ系ならぬ行田系ハルさんに絞りの作業をお願いしました。
そしたらかなりさくさくと作業を進めてくださり…

160629_足袋_絞り03

こんな状態になりました!
すごい〜
なんだか建造物に見える…

この足袋用の布は結構しっかりしているので絞りづらいのですが、がんばってこんなに進めてくれました。片手間でも良かったのだけど、やり始めると止まらない気持ちもすんごくよく分かります。
ゲームやってるみたいな中毒性があるかも。(課金するよりよっぽどこっちのが良いですよー)

もうちょっとやったら、あとは染めるだけ…なのですが、時間のあるときじゃないと出来ないのでこれまたタイミングを見ながらとなります。
ぜひ解く作業もハルさんに味わってもらいたいですね。ひっぱるだけでツルツルっと取れる&絞った柄が現れる快感を味わってもらいたいです。

良い足袋が出来ますように。
スポンサーサイト
( 2016/06/29 08:00 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する