牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

シルクスクリーン届きました! 

先日牧禎舎に注文していたシルクスクリーンが届きました!

160507藍染め足袋デザインコンテスト02

届いたのはもうとっくだったのですが、私がなかなか工房へ行かれなかったのでやっと手に取って確認出来ました。

このスクリーンは藍染め足袋デザインコンテストに入選された勝田竜也さんのデザインに使用します。
グラフィックなイメージと昔ながらの藍の融合です。

160507藍染め足袋デザインコンテスト03

水色のところは目が詰まっていてインク(今回は抜染剤)が向こう側に通らないところです。メッシュは100です。以前、試したときに150では細かすぎて糊もハイドロも通りにくくて。120では通ったけれどもうちょっとしっかり通るといいかなぁと思っていました。
100か80か60で迷い、型屋さんが「100のが版が強い」とおすすめしてくれたので100にしました。

当初はせっかくなので市内や近隣の地域で製版をお願いしたかったのですが、いまはシルクの製版屋さんがなくなっていて、「製版のみ」受けてくれるところも見つかりにくかったので……ネットでササッと注文させてもらいました。(便利な世の中…)
こちらにお願いしました。→片桐写真型

もっとのんびりで良かったけれど、ちょっと心配になるくらい素早い制作で版を送ってくださいました。

160507藍染め足袋デザインコンテスト01

まずは事前に無地に染めた生地を、洗って干して×3回しました。

さて、うまくいくかな?
ちょっと緊張します。


--------------

蔵めぐり2016ポスターサムネイル


【藍染め足袋デザインコンテスト2次審査】

「第12回 ぎょうだ蔵めぐりまちあるき」
5/21(土)10時〜16時
5/22(日)10時〜15時

スタンプラリー受付&藍染め足袋デザインコンテスト展示会場:
足袋蔵まちづくりミュージアム

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する