牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

【WS09:4月のWS】開催しました 

本日は牧禎舎では「和ンダーランド埼玉」(同実行委員会主催)開催初日です!
藍染体験工房もOPENしてご来場お待ちしております。

さて、一昨日4/30(土)は【WS09:4月のWS】開催日でした。
この日は藍染め足袋デザインコンテストの体験日でもあったので1人しかいないスタッフはちょっと慌て気味の一日でした。講師のまなかさんと、知った顔ばかりだった今回の参加者のみなさんに助けられた一日でした。
みなさま、どうもありがとうございました。

さて、今回のワークショップではこちらの藍染めの箱を作ります↓

160430ws09_箱づくり01

会場は牧禎舎の母屋でした。こちらの和室はレンタルスペースとして貸し出しをしているお部屋です。

160430ws09_箱づくり02

縁側がついてます。

160430ws09_箱づくり03

なるべく失敗を少なく、短時間でも出来るように講師のまなかさんが色々工夫してくれました。

いつもワークショップの対象年齢を設定していますが、ひとりでも作業出来るだろうなぁと思われる年齢を設定しています。お母さんが一緒に作業されるならば、とくに年齢制限は気にされなくても良かったりしますので「今度のワークショップ、気になったけど年齢が…」と思われた方はご相談ください。

160430ws09_箱づくり04

お姉さんになるとひとりで出来ちゃうんですよ!真剣に作業してくれてます。

160430ws09_箱づくり05

ボンドがしっかりくっつくように、途中重たいもので重しをします。
牧禎舎で重たいものといったら、「行田市史」!笑 本棚より出陣です。

160430ws09_箱づくり06

途中、翠玉堂のパントーネで一服。(写真撮り忘れ!)ボンドが乾くのを休憩しながら待ちました。
当初はパントーネだけでしたが、熊本県等で震災があったので自宅近所のスーパーで熊本県のお菓子「おてもやん」を購入して、おまけつきとなりました。

160430ws09_箱づくり07

そして完成がこちら!
角がキチッ!とした藍染め小箱が完成です。
偶然ですがみんな違うリボン(平ゴム)を選びました。
まなかさんはアイロンで付けられるアップリケをつけてカスタマイズしてました。ちょっとしたアレンジで印象が変わりますね。今回もちょっと長丁場。お疲れさまでした。
スポンサーサイト
( 2016/05/03 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する