牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

忠次郎蔵蕎麦店 藤間店長夫妻の送別会でした 

160328_忠次郎蔵

土曜日の夜は忠次郎蔵蕎麦店の藤間店長夫妻の送別会がありました。

牧禎舎の並び、すぐ近くにある、小川忠次郎商店の蔵を改装した蕎麦店「忠次郎蔵蕎麦店」は2004年にオープンしました。
今は牧禎舎や足袋とくらしの博物館やまちづくりミュージアムの運営をしているNPO法人ぎょうだ足袋蔵ネットワークですが、この忠次郎蔵が蔵の再活用の第一号でした。(詳細)
2004年からずっと店長をされてきたのが藤間さんご夫妻です。

毎年夏になると小学生対象の「昔体験セミナー」というお泊まりイベントで中心的な役割をされてきました。

150804昔体験_朝ご飯

朝早くから忠次郎蔵の裏庭?でご飯を炊いたり。

150804昔体験_ラジオ体操

忠次郎蔵前でラジオ体操したり。

150804_昼ご飯

こだわりの卵焼きや、大人限定のお手製お新香も美味でした!

昔体験は今後もお手伝いいただけるかも?とのことなので、今年も夏にお会い出来そうです。


忠次郎蔵はそば打ち教室もされているので送別会には足袋蔵メンバーのほかそば打ちのお弟子さんたちも出席されてました。

160328忠次郎蔵藤間夫妻送別会01

こんなテーブルがロの字になるような宴会?は不慣れですが…
皆さんの顔が見えるので良いですね。

160328忠次郎蔵藤間夫妻送別会02

途中、福蔵(ふっくら)足袋&豆足袋ストラップのアリスのYさんがカラオケを窘められつつ…(カラオケお好きなのかな?笑)

160328忠次郎蔵藤間夫妻送別会03

良い笑顔のおふたり。2016年3月31日(木)までお店に立ってくださいます。ぜひお蕎麦食べに行って下さいね!

次郎蔵そば店→

160328忠次郎蔵藤間夫妻送別会04

「うちの奥さんはサッチャーだから!」を連発する藤間さん。笑

いろいろお世話になりました。

忠次郎蔵そば店は4月から代替わりしてこれまで通り営業します。
スポンサーサイト
( 2016/03/28 10:08 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する