牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

【WS06:1月のWS】開催しました! 

160131ws06_母屋

先日の日曜日、延期させていただいていた1月のワークショップを開催しました。

天気予報では「寒さのピークは終わった」とも「雪かもしれない」とも言われていましたが、写真のように日射しのまぶしい晴天でした。足元が悪くなくて良かったです。

160131ws06_ワークショップセット

講師の仕立て屋りゅうのひげさんが用意してくれたテトラポーチのキット。午前中で仕上がるように、下準備を念入りにしてくれました。藍染めの布は事前に牧禎舎スタッフが染めた生地を使用します。

160131ws06_ミシン

ミシンを上手にかけられるちょっとしたコツを教えていただきながら、みなさん上手に真っすぐ縫えていました。「真っすぐ」が難しいんですよね!

160131ws06_金具

最後にバネ口の金具を入れて、ウッドビーズを紐を結ぶだけで(!)固定します。

160131ws06_完成

早く出来上がった方のテトラポーチです。
きれいに出来上がっています〜!
こうして見ると、藍染めの布はひとつひとつ手染めなのでそれぞれ違った染まり方をしていますね。
真正面から見ると、富士山ぽく見えるんですよ…実は。笑

一年の最初の月なのでちょっとおめでたく、麻の葉模様の生地と、富士山風の藍染めにしたのでした。

ご参加いただき、どうもありがとうございました。

2月のワークショップは2/20のアーツ&クラフツ内で、飛び入り参加も可能です。
また3月のワークショップは行田市の「市報ぎょうだ」2月号にも掲載されています。ただいまメール先行予約受付中ですので、チェックしてみてくださいね。

仕立て屋りゅうのひげさん講師のワークショップもまた考えていますので、ぜひまたご参加ください。
スポンサーサイト
( 2016/02/03 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する