牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

てぬぐいを藍染め 

160119_てぬぐい_ちょうちょう絞り01

ちょっと前のことになってしまいますが、先週の日曜日。さすがに冬は藍染めのお客さんが少なく…。寒いからでしょうか。
けれどもこの日、藍の調子はすこぶる良かったもので、藍染めしないのはもったいない!

ちょうど前日のゼリ研主催のシンポジウムの会場で足袋蔵ネットワークのSさんと遭遇し、手拭いの依頼をいただいたので早速作ってみました。Sさんはいつも足袋蔵や行田市のPRのときに頭に藍染め手拭いを巻いてPRしてくれています。

そんなSさんにぴったりの柄を…と言いたいところですが、先日2月のワークショップ用に先立ち教えていただいたばかりの「ちょうちょう絞り」を晒(てぬぐい)で練習がてらやってみました!

頭に巻いて使うので、見えるところだけ…。長辺のほうの片側だけに二列でちょうちょうを配置。見本を確認しながらの作業です。
晒は生地に厚みがあって、さすがに指が痛くなりました。それとも長辺に二列だったから柄の量の問題でしょうか?

160119_てぬぐい_ちょうちょう絞り02

↑藍染めしてすすいだところです。きつくいっぱい絞ったので糸を解く作業もちょっと時間かかります。
3分×3回(西の甕→東の甕→西の甕)なのですがきれいに染まってますよね。
やっぱり藍は好調のようです。

160119_てぬぐい_ちょうちょう絞り03

絞ったところを解いて、再度すすぎ、脱水しました。
一応、ちょうちょうになってます〜。Sさんの大きな丸い体にちょうちょう。笑
愛嬌たっぷりになるんじゃないでしょうか。

てぬぐいは2本頼まれていたので、もうひとつは12月のワークショップのマフラーの藍染めを応用してみました。ちゃんとやらなかったからか空気が入ってしまったけど、思わぬところが意外と素敵に出来て(他人が見たら失敗ですが)満足です。

ーーーーーーーーー

ws07_2月のWS絞り染めポスターサムネイル


初めての絞り染め〜ちょうちょう絞りの藍染めハンカチ〜

▶日時
2月20日(土)10時~15時 1/5~受付開始
各回 3名ずつ
(1)10時~(2)11時半~(3)13時~(3)13時は満了しました

▶集合場所
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
牧禎舎でご用意したハンカチ(45cm角)に、針と糸を使って初心者向けの絞り染めをします。普段はお手軽に輪ゴムを使うことが多いですが、ちょっとだけ本来の絞り染めを体験しませんか?
柄は花模様にも見えるかわいらしい「ちょうちょう絞り」。お時間とご希望に合わせてお好きな場所に蝶々を絞ってください。
道具・作業スペースに限りがあるため、予めご予約いただいた方が優先となります。どうぞご予約ください。
*所要時間1~2時間程度(藍染め含む)

▶予約の定員
各回3名ずつ 計9名

▶対象
小学6年生~

▶費用
1千500円(染め代込み)

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎552-1010(10時~16時)
牧禎舎 Eメール makitei@tabigura.net

ーーーーーーーーー
スポンサーサイト
( 2016/01/25 08:00 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する