牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

【WS06:1月のWS】もう来年の準備です 

151113

9月に足袋蔵ネットワークのMさんからいただいた生地を少々藍染め。なんともう1月のWSの準備なのです。

いつも思いますが、すすいで水に濡れてるときは発色の良い青です。今の時期、紅葉した葉っぱが川に浮かんだり、雨に濡れるととっても赤が色鮮やかですよね。
藍染めも同じで、布が濡れているときは鮮やかです。

ちょっと残念に思うときもありますが、乾燥すると落ち着いた色になります。その雑味のある色が自然の色ならではの色なんですよね。化学染料のインディゴピュアは、混じりっけなし・色素のみだから名前に「ピュア」と付いているのだそうです。

さて、一月のワークショップは心強い方にご協力いただきますよ。お楽しみに!
スポンサーサイト
( 2015/11/13 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する