牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

藍染め足袋デザイン募集 

藍染め足袋デザイン募集2016


やっと公募の募集要項の準備ができました。
日頃藍染め体験へお越しいただいている「牧禎舎 藍染体験工房」はNPO法人ぎょうだ足袋蔵ネットワークが運営する施設です。牧禎舎の近所にある「足袋とくらしの博物館」も運営施設のひとつです。
そのふたつの特長を持ち寄り、藍染め足袋のデザインを募集いたします。


埼玉県行田市の名産だった「足袋」はかつて国内シェア8割を占めました。その足袋を保管するための蔵をわたしたちNPO法人ぎょうだ足袋蔵ネットワークは「足袋蔵」と呼び、市の中心部に点在する足袋蔵や足袋にちなんだ建物を残して活用していく活動をしてきました。
今年10月、わたしたちの運営施設である「足袋とくらしの博物館」が10周年を迎えたのを記念して、同じくわたしたちの運営施設である「牧禎舎 藍染体験工房」の藍染めと組み合わせ、藍染めのオリジナル足袋のデザインを募集いたします。
これを機に足袋や藍染めを身近に感じていただけたら幸いです。これまでにない足袋、藍染めのアイデアを楽しみにしております。


募集要項・フォーマットをダウンロード→

adobeAcrobatreader_downloadバナー

今後、詳しいこと、追加情報は主に足袋蔵ネットワークのブログ内のこちらに更新されます。
大人から子供まで。みなさんのご参加お待ちしております!
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する