牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

10/18(日)の藍染め 

151019_01

ここのところずっと涼しかったのに、朝出るときに手に触れた門扉が異様に温まっていてびっくりした昨日。陽気がよく町歩きの方を結構見かけました。

藍染体験工房ではかしまし三人娘が藍染め。さすが前館長(というかもう永久欠番かな)の永沼さんのお知り合いなだけあって、エネルギッシュです。

151019_02

すごくいっぱいの絞り済みのガーゼを抱えて来てくださったので、内心、藍は大丈夫かな…とドキドキでしたが、一部次回に回していただきなんとか一日藍が保ったと思います。(ご協力ありがとうございます)
ほんとは四人娘だったらしいので、次は四人でぜひお越し下さい。

151019_03

午後は細長い着物地を藍染め。多分絹だけど、2つある生地の両方ともポリエステルかなにかが緯や刺繍のような柄に使われていました。どうなるか染めてみないと分かりません。

151019_04

結果、こうなりました!左は緯にラメが入った糸が使われていてグラデーションにしました。(濃〜白〜濃)
右は染まらなかった柄のところが角度に寄ってこんなにくっきり見えています!
素材が違ったみたいで、同じ時間と回数でもこんなに色味が違うんですね。
スポンサーサイト
( 2015/10/19 08:10 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する