牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

芸術の秋に向け 

150929_kinmokusei

金木犀の香り漂う今日この頃の牧禎舎です。秋ですね。

150929_Mさんより01

先週末、牧禎舎に絹の生地がたっくさん届きました!
NPOぎょうだ足袋蔵ネットワーク(牧禎舎を運営してます)のMさんより。以前から「母が染色好きで実家に沢山絹が残ってる」とお話いただいていた生地です。

さらにこんなに本もいただきました↓

150929_Mさんより02

図案や、染め方の本など。ちょっと古い情報ですが今との違いの発見を楽しめるので古書で読んでも面白いと思います。
本棚が欲しくなっちゃいますね。
いよいよ工房内を整頓しなければならないかな…?

いただいた生地を一通り整理していたら、久々に「てしごと屋」さんにお会い出来ました。
てしごと屋さんとなら、この生地を使って…

早速11月にちょっとしたお試しをお願いすることにしました!
11月21日(土)〜23日(火)はてしごと屋さん主催(?)で牧禎舎 工場跡にて和物の大ワークショップ開催予定なのです。
展示販売もあるそうです。詳しくはまた後日。


縁側では猫も安穏と夕寝。

150929_nyanko

…そういえばNPOの方が猫よけにとげとげしたシートを敷いてましたが…上で寝るから関係ないのね。
スポンサーサイト
( 2015/09/29 08:00 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する