牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

求人募集はしておりません 

2013年度に助成金をいただいて時給ありの「藍染め職人の後継者募集」を行っていましたが、2013年度で終了し、現在は求人募集は行っておりません。*同時期に行っていた「足袋職人の後継者募集」も同様に時給を支給しての募集は現在しておりません。

以前の記事をご覧いただいてか今もたま〜にお問い合わせいただくもので、メールやお電話にてお返事したりしておりますが、こちらでご案内させていただきます。

現在の牧禎舎 藍染体験工房は、NPO法人ぎょうだ足袋蔵ネットワークのメンバーによる時給なしのボランティア運営となっています。

NPO法人ぎょうだ足袋蔵ネットワークへ入会するには年会費が必要ですが、入会のタイミングはとくに決まりはありません。この辺りの詳細は「まちづくりミュージアム」へお尋ねいただければと思います。
まちづくりミュージアムは牧禎舎と同じくぎょうだ足袋蔵ネットワークが運営する観光案内所のような施設です。


ぎょうだ足袋蔵まちづくりミュージアム
tel. 048-552-1010(10時〜16時)


足袋蔵ネットワークの活動内容は、「足袋とくらしの博物館」「牧禎舎」「ぎょうだ足袋蔵まちづくりミュージアム」の日々の運営と、「アーツ&クラフツinぎょうだ」「ぎょうだ蔵めぐりまちあるき」「足袋蔵 昔体験セミナー」の開催、そして月一回の定例会議となっています。
ざっとしたヒストリーはこちらでご覧いただけます。→
スポンサーサイト
( 2015/09/09 08:11 ) Category ・お知らせ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する