牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

【WS02】灰汁(あく)をすすぎました 

150831

先日も9月のWS用の藍染め布の写真をアップしましたが、本日も再び。
というのも先日ブログ用に写真を撮ったとき、なんとなく色に灰汁(あく)が浮いてきてる気がしたので水洗いしました。

藍染めには液の中に木の灰の上澄みである灰汁をたっぷり入れているのですが、藍染めして日にちが経つとその灰汁の色がじんわり浮き出て来てなんとなく黄ばんだような色に見えます。
灰汁は水に浸けておけば大分出て来て水が黄色っぽくなります。水ですすぐだけでさっぱりした藍色にまた戻ります。これが「垢抜ける」の語源だという説も。

WS用の藍染めは6月末〜7月上旬に行ったので大体2ヶ月が経ちました。

おうちにある藍染めもなんとなくあれ?黄色っぽくなってきた?と思ったら水洗いしてみてください。さっぱりしますよ。
スポンサーサイト
( 2015/08/31 00:49 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する