牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

【WS02】そろそろ9月が近づいてきました 

150827鈴木道夫さん藍染め生地

なんだかすっかり涼しくなって、秋の気分ですね。
9/5(土)のワークショップももうそろそろです。
先日、大きかった生地をワークショップ用にカットしました。

*9/5のワークショップはお陰様で満員になりましたので現在募集はしておりません。
 現在は10/17開催のワークショップの参加者を募集中です。

8月のワークショップは3名でしたが9月は10名と人数が多く、私はちょっとドキドキなのですが…
講師の飛田恭子さんがベテランの先生なので懐をお借りしてアシスタント出来るだけがんばります。

講師の飛田恭子(とびたきょうこ)さんは行田在住のパッチワーク作家さんです。
作家活動として国内だけでなく国外でも作品を展示されたり、牧禎舎のある行田市ではパッチワークの講師をされたりしています。行田で針仕事のお好きな方ならご存知の方も多いかもしれませんね。

実は恭子さん、牧禎舎で毎年開催している「アーツ&クラフツinぎょうだ」の前身である「クリエイターズフェスタ」に作品を出品して下さってます。2011年の牧禎舎のブログ記事に写真が載っているので掘り起こしてきました。
こちらです。

パッチワーク

大きな作品を引いて撮っているので細かいところは伝わりませんが、パッチワークは細かいモザイクで出来ているようなものです。
ベッドカバーのような大きなサイズの作品を何枚も作って来られた恭子さん。
針仕事だけでなくバイタリティのある恭子さんの人柄もきっとみなさんの刺激になると思います。

今回のワークショップに残念ながら定員オーバーでご参加出来ない方も、別の機会にまた恭子さんに講師をお願いしたいと思っていますので、次回をおたのしみに!
スポンサーサイト
( 2015/08/27 08:30 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する