牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

プレワークショップ1日目でした 

150712_藍染

熊谷31.5℃だったらしい昨日。10時〜、プレワークショップを行いました。8月8日、9日に行うワークショップの練習のようなもので、友人に協力してもらい、牧禎舎で本番と同じように藍染め…。

二種類あった布のうち、麻綿混合のほうがビー玉を包んだりしやすいのでそちらが人気でした。写真の一番右が綿100%の少し厚手のタイプ。みんな酒井抱一の「余白の美」を意識して余白をがんばって残してましたが余白が怖くなったみたいです。笑

中には初めての藍染めの男の子もいました。小学2年生なので、2日目の縫う作業はお母さんにしてもらいます。

藍染が終わったら一日目は終了。
みんなが帰った後にもう少しすすいで乾かしました。

150712_ミシン縫い

乾いたらこちらで型に合わせて布をカットして、開き口のところだけミシン縫いしました。つづきのところは2日目に自分で手縫いします。

150712_端切れ

端切れもまた格好よいです。

本日も暑いでしょうね!
-----------------

★8月のワークショップ/藍染体験 道具入れを作ろう!

▶日時:2015年8月8日(土)9日(日)10時~正午*全2回
▶場所:牧禎舎 藍染体験工房(忍1-4-11)
▶定員:5名(対象 小4~大人)
▶費用;2千円
▶主催:ぎょうだ足袋蔵ネットワーク
▶問合せ/申し込み:同ネットワーク ☎552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net

担当:永島(ながしま) お問い合わせ・お申し込みはお電話よりメールのほうがスムーズです。

150623牧禎舎WS01バナー

スポンサーサイト
( 2015/07/12 08:10 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する