牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

垢(灰汁)抜ける 

150524灰汁

牧禎舎で藍染めされた方には、藍染めしたあと「水洗いして、干して」を2〜3回繰り返してください、とお伝えしていますが…。

一年半前に藍染めして、そのあと1度きり洗わずにそのままだった服を最近水洗いしました。
(さらに言うと、一度しか洗ってないくせに先日着用しました。黒い色のキャミソールの上に着たので万が一色落ちしても分からないだろうと思ったのですが、案の定まったく分かりませんでした。*あくまで私は、です。)

ぬるま湯に浸けてちょっと(15分くらい?)置いて、さてすすごうと思って見たら、今までに見た事ないくらい濃い灰汁の色が!大体いつもは黄色っぽい色なのですが、オレンジ色です。写真が実際見るより全体的に黄色いですが、液はこの写真よりももっと橙っぽかったです。

こんなに灰汁が落ちたなら、垢抜けた色に期待がもてます。

すすいでいたら、灰汁が薄い黄色っぽくなり、若干水が緑がかってきました。
やっぱり2回目のすすぎではまだ少しは青い色が落ちてるようです。
スポンサーサイト
( 2015/05/24 16:24 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する