FC2ブログ

牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

休館日の牧禎舎 

180929_足袋手箱

写真は玉手箱ならぬ足袋手箱(たびて箱)です。大きく見えますが、マッチ箱に千代紙を貼っただけなのでタモテ箱(byブラタモリ)よりも小さいです。

なんで足袋手箱を作ったかというと、
先週金曜日にまちづくりミュージアム2Fにて、日本遺産のパネルを製作した立場からお話する機会をいただき(といっても足袋蔵メンバーK田さんの市民大学仲間にですが)なにぶん初めてのことなので、自分お助けグッズとして小道具の準備から始めるという…^^ 気分が大事ということで。

一応、30分程度という予定だったので、伝えたい内容が収まり切るか移動中にストップウォッチで繰り返し計って段取りしました。

本番は、緊張したけど、藍染体験工房でもよく聞かれた内容「どうして行田で足袋なの?」に焦点を絞って話せたと思います。
埼玉古墳とか忍城が出て来ちゃうので、ちゃんと流れを理解しないと観光地紹介だと思い込んでしまってポイントがずれ、「古代蓮が入ってないのがおかしい」という発想になってしまうのも分かります。
行田の日本遺産の中心にあるのは「足袋・足袋づくり」なので、古代蓮はそこには登場しないんです。*今のところ。もし今後そういう足袋との繋がり(ストーリーとして数珠繋ぎで語れる理由になるような)文献や資料が出て来たら加わると思います。

みなさんの中にも「どうして行田で足袋なの?」とお思いの方も沢山いらっしゃると思います。
そんなときはぜひ足袋蔵まちづくりミュージアム2Fの日本遺産紹介パネルをご覧ください。
最初から読むときっと一助になると思います。

180929_庭

秋の牧禎舎。金木犀の良い香りが漂っています。
雨降りがつづいて、緑が一層元気になりました。雑草が元気になりすぎてます。
けど、ほぼ土だけだった頃に比べて、こっちのほうが元気出るなぁ。
写真には写ってないけど、アイの勢いがすごいことになっとるんですよ…汗

サクラソウを植えようと思ってるので、そろそろ苗買えるかな?気にしておこう。
この頃、萩が咲いてるのをあちこちで見かけると、萩もいいなぁなんて思ってしまいます。

180929_藍染め

昨日の土曜日は、10月に出展するイベント用に少し藍染め品を追加しようと染めました。
季節感が遅いのが否めないですが〜。
試し染め用に購入したショールが、なかなか素敵に染まりました。
ほかにも体験用に購入したインド綿のショールを染めてみたら、良さそうなので、明日、染め上がりをチェックしてそのうちメニューに在庫として加えるつもりです。

お楽しみに〜

---
●今後の開館日
・10/7(日)…WAKE UP FESに行きたいので臨時休館!
・10/14(日)…埼玉WABISABI大祭典2018出展のため臨時休館(大宮公園)
・10/21(日)…予約受付中
・10/27(土)…臨時開館。予約受付中
・10/28(日)…貸切ですが見学可能
・11/4(日)…予約受付中。15時閉館
・11/11(日)…予約受付中
・11/16(金)17(土)…臨時開館。予約受付中
・11/18(日)…予約受付中
・11/24(土)…臨時開館。予約受付中
・11/25(日)…予約受付中

上記以降はお問い合わせください。→makitei@tabigura.net
スポンサーサイト
( 2018/09/30 08:00 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する