FC2ブログ

牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

細々とした作業の日 

180717_05

臨時開館した昨日。午前中は豆足袋工房さんが抜染に来られました。
10時から本気の暑さなので、工場ではなく藍染体験工房内の机で作業です。
こちらの品物はもうしばらくしたら、牧禎舎の近所にある「ぶらっと♪ぎょうだ」に並ぶと思いますので、お楽しみに。

180717_作業日01

この日は商品タグの受取日でした。
これまで自宅プリンターで地道に両面印刷してましたが、裏表ズレてしまったりしてたし、作業時間削減したかったのでついに印刷に出しました。
コストの関係上(ポイント清算だったけど…)、コラボしてくれた作家さんたちの名前はスタンプにしました!これでも以前よりラクです。
NPOメンバーのHさんが助っ人に来てくれていたので、こういった細々とした事務作業をこなしていただきました。
意外と時間がかかるんです!

そのままタグつけもしていただいて、本当に助かりました。

180717_作業日02

そして。
庭活@牧禎舎〜室内編〜として(!?)、竹をカットしました。
撹拌に使っていた竹の棒の、きれいなところだけ節ごとに切って、このあと庭の木などの名札を作る計画です。

藍染体験工房は日曜しかオープンしていないので、人がいないときでもせめて庭を楽しんでいただきたいなぁと思っており、その一環です。

某所からナタをお借りして、「ナタが一番ケガするっていうから気をつけてね」とアドバイスいただき、恐る恐る作業しました。
漠然と、竹を縦に割るにはナタが良いだろう、と思っていたのですが、
大人なので自制が効いて&イメージしていたよりも自分の力が弱く、一回で竹に刺さらないものですね!

どうやったら危なくないか試行錯誤し…端から見たらギャートルズ状態だったと思う。苦笑

なんとか危なくない割り方を見つけ、ナタが刺さったところで…

180717_作業日03

気持ち良いです〜

180717_作業日04

これだけ割りました。
竹の作業はこの日はここまで。つづきはまた後日します。

明大生のイベントへの梱包作業やら、小さなものの藍染めや、足袋生地の絞り作業などなど…。
時折こうした小さなことをこなす時間を取れると後が楽ですね。

---
●今後の開館日
・7/22(日)…ご予約いただいているため、見学のみ出来ます
・7/29(日)…ご予約いただいてますが、まだ受付中
・8/5(日)…昔体験セミナーで藍染め予定のため、休館
・8/12(日)…展示出展のため臨時休館
・8/19(日)…予約受付中
・8/25(土)…臨時開館。予約受付中
・8/26(日)…予約受付中

上記以降はお問い合わせください。→makitei@tabigura.net

蔵めぐりのマップに付いてる藍染体験割引券ですが、有効期限が2018年8月末までです。
開館日が数えるほどになってきました。もし藍染体験へお越しの際は、お早めにご予約ください。
スポンサーサイト
( 2018/07/17 08:00 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する