牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

庭活@牧禎舎 

180608_庭01

先月の終わり、にわかに牧禎舎の庭の復活に向けて活動が始まりました。
今年の蔵めぐりでお世話になった行田窯さんの、ご自宅のお庭を解体されるというお話があったのです。

行田窯さんのご自宅は旧荒井八郎商店・現彩々亭の隣にあり、もとはひとつだったお庭。解体するには忍びない、素敵なお庭なのです。そこで、出来るだけ色んな木々を方々へ譲られる手配をされていることを知り、牧禎舎も一部を譲っていただくことにしました。

180608_庭03

牧禎舎の庭は、随分前に枝(というか幹?)を切りすぎてしまった木が何本もあり、まずはそういったものを取り除く作業からしなければなりません。

詳しい内容は、足袋蔵ネットワークのブログにアップされていますので、ぜひご覧下さい。
http://blog.livedoor.jp/tabigura/archives/50957552.html


お陰様で行田窯さんからいただいた柘植の木は植木屋さんの手で植樹されて、ばっちり根付きそうです。

180608_庭02

土曜日を中心に少しずつ庭の魅力アップ活動<庭活>をしていく予定です。
これまた手が足りず、いつでもお手伝い募集しております!
お越しいただけそうな方はぜひともご連絡お待ちしております。

母屋に似合う和の庭になるように、ススキと桔梗を購入していただきました。

180608_庭04

てっきり桔梗は秋口に咲くのかと思っていたら!
六月上旬〜八月上旬が開花時期なんですね。もうこんなにふっくらしています。しかも、こちらの写真を撮影したのは昨日(6/7)午前中だったのですが、この日の夜にはつぼみ全体がはっきり紫色になっていました。
もうすぐ花を楽しめそうです。

植物をたのしめるように名札も準備したいです。
スポンサーサイト
( 2018/06/08 08:00 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する