牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

いよいよ蔵めぐり2018!ボランティアの皆さんとお待ちしてます^^ 

ぎょうだ蔵めぐりまちあるき2018ポスター

明後日、明々後日、4/21(土)22(日)といよいよ第14回ぎょうだ蔵めぐりまちあるき開催です。

今年は初めてボランティアを募り、臨みます。

何人集まってくれるかなぁ、せめていつも手の足りない自分の場所・藍染体験工房か、あるいはいつも担当者のいない牧禎舎をお手伝いしてくれる方がいたら、とっても助かる!と思いつつ、バス乗り場も足袋博も毎年大変そうだし…と思い、昨年9月から少しずつ声掛けなど始めていました。

周囲の方へもお声掛けくださる方や、お友達を呼んでくださった方、学生に紹介してくれた先生や、日本遺産の講座開催という機会などに恵まれ…。
なんと土日合わせて29名の方がボランティアしてくださることになりました!
どうもありがとうございます!涙

ボランティアの皆さんは、藍染体験工房(および牧禎舎)、撮影隊、メガ足袋「足袋する足袋」、バス乗り場、保泉蔵、足袋とくらしの博物館、牧野本店にそれぞれいらっしゃいます。

きっと皆さん、がんばってお迎えしてくださっているので、ぜひ声かけてくださいね。

足袋とくらしの博物館、牧野本店へは行田市内に昨年出来た日本語学校「さきたま国際学院」のベトナム人新入生が中心となってボランティアしてくれています。まだあんまり日本語が分からないかもしれませんが、ぜひ挨拶など交わしてみてください。日本人との交流を楽しみにしていると思います。ボランティア、やる気満々だそうです!笑

また、藍染体験工房では昨年度行った指導者育成講座の受講生のみなさんが藍染体験のサポートをしてくれます。
ぜひ藍染体験へお越しください!お待ちしております。

20180304_ボランティア説明会02

↑3月に開催したボランティア説明会の様子。イサミスクール工場さん前にて。今年はこちらで「足袋屋横丁」開催です!
スポンサーサイト
( 2018/04/19 08:00 ) Category ・お知らせ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する