牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

【日本遺産】指導者育成講座4回目でした 

180219_01藍染め01

寒い朝…
水は出たものの…きてます、きてます!水面も凍ってました。

この日は【日本遺産魅力発信推進事業】の講座で、絞り染めの基本をしました。
4つの柄を3つずつ絞るのですが…これが意外と時間がかかります。

180219_01藍染め02

写真は大きさはひとそれぞれの「ちょうちょ絞り」です。
分かりにくいのですが、三角に折り畳んだ部分の大きさでちょうちょの大きさが変わります。

指先の力が必要です。
ほかに帽子絞り、色の差をつける方法、巻き上げ絞りをしました。

180219_01藍染め03

寒さで上のほうの温度が低く、下のほうのが染まりが良いです。そのため今日は落下予防の籠を入れずになるべく下で染めてもらいました。

180219_01藍染め04

針と糸を使った絞り染めは、染め終わったあとに糸を解くのもひと苦労です。
でも、わたしは結構好きな時間です。

180219_01藍染め05

出来上がりをまた並べて撮影しました!良いですね!
よく見ると、ちょうちょの大小の差が分かるでしょうか?

180219_01藍染め06

おやつに戸塚煎餅さんの『陸王』のこはぜ屋・足袋煎餅をいただきました!
牧禎舎の近所で販売してます。
スポンサーサイト
( 2018/02/19 08:00 ) Category ・日本遺産講座 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する