牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

絞り。 +牧禎舎の小さな大事件・・・ 

今日は絞りの紹介をします。

その前に、関東もいよいよ梅雨入りしましたね。
藍の葉は雨に応援されてぐんぐん成長しています。
ai.jpg
こんなに小さかったのに。(http://makitei.blog90.fc2.com/blog-entry-26.html

さて、絞りについて簡単に説明します。
まずは花の形の型紙があるので好きな位置にレイアウトして頂きます。
つぎに、鉛筆で型紙をなぞります。(これで布にお花の模様が鉛筆で描かれます。)

そして鉛筆の線にそって平縫いしていきます。
nuute.jpg

平縫いが出来たら、糸をグルグルと巻き上げていきます。
shibori.jpg
これはお花3つです。ハンカチに絞りをしました。

絞りはこれで完成です。
藍染は空気酸化によって染まるので、絞った部分には空気が入らずに白く残ります。

染め上げるとこうなります↓
shiborihana.jpg
お花3つが出来上がりました。

アップにするとこのような感じです。
shiborihana2.jpg
糸の線が細かく出ているのがわかります。

以上とても簡単な説明でした。
よくわからなかった、またはやってみたいという方は牧禎舎に来て下さい。
このお花の絞りは牧禎舎でも体験できるんです。
素敵だなと思った方は是非牧禎舎においで下さい。
スタッフが指導いたします。
絞りは多少お時間がかかるので、予約して来て頂くと良いです。


そしてここからは余談ですが、
先日牧禎舎ではちょっとした騒ぎがありました。

壁から子猫の声がするのです。
だけど、スタッフはじめ師匠も探してくれたのですが、どうも姿が見えない・・・

そして声の位置を注意して探していったらなんと、声は壁と壁の間からするんです。
どこにも入り口なんてないし、いったいどこから入ったのか、屋根裏から落っこちたのか、どうにもこうにも壁を壊すしかたどりつけません。


なので牧禎舎に来ていた大工さんに壁を壊して頂きました。
kabe.jpg
チェーンソーのようなのこぎりでブーンッと切って貰いました。

中からは小さい子猫が一匹。
amo.jpg
まだ目もあいていませんでした。手のひらに乗る小さい子猫。

黒と茶色のかわいい子猫です。
amo2.jpg
ミューミュー ミューミュー鳴いていました。

その後この子がどうなったかと言うと、猫を買っているスタッフSさんが自宅に持ち帰り、お風呂に入れたりミルクをあげたりと、丁寧に丁寧に育ててくれています。
今現在は目もあいてよち猫らしくなり、タタタタッと走り回るまでになったそうです。
本当に良かったなと思いました。

牧禎舎の小さな大事件でした。


長くなってしまいました・・・。
以上スタッフIでした。
スポンサーサイト
( 2011/05/28 15:10 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)

機織り体験 

昨日、牧禎舎で抜染等を教えて下さる伝統工芸師の先生が、牧禎舎スタッフを ものづくり空間・糸作り空間「工房 風花」へ連れて行って下さいました。

その工房は糸を染めたり紡いだり、そしてその糸で織物を作ったりしている工房です。
藍染めを学ぶ私たちも知って置くべき繊維関係のことや草木染め等が沢山ありました。

そしてなんと機織り体験をさせて頂きました。
ストールを作りました。
sutooru3.jpg
左からスタッフO作、スタッフS作、スタッフI作です。

作り方をとても簡単に説明すると、まず糸を数種類選びます。そして縦糸をはっていきます。
furaminngo.jpg

そして横糸を入れていきます。
hataoriki.jpg
こうしてずっと織っていき、最後に端の処理をしてストールの完成となります。


スタッフOさんの作品↓
sutooruo.jpg
茶色を基調にグリーンが入っていて横糸はシルクです。
とてもアジアンな雰囲気。


スタッフSさんの作品↓
sutoorus.jpg
縦糸にはウールも入っていて暖かみのあるストールです。
横糸はシルクです。


そして私が織ったストール↓
sutoorui.jpg
藍染めの糸を使いました。
横糸は麻です。涼しい夏用ストールとなりました。


工房は桐生にあるのですが、近くに川もあり、山もあり、とても心地よい風が吹いていました。
初めての機織りはとても楽しかったです。
そしておもてなしをしてくださり、丁寧に私たちの指導をして下さいました工房の方に感謝しています。

本当に貴重な経験が出来た一日となりました。
次は是非牧禎舎で染めた糸を織ろうと思っています。

スタッフIでした。
( 2011/05/26 15:24 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)

ぎょうだ蔵めぐりまちあるき 

はじめまして、スタッフSです。
5月21、22日に「ぎょうだ蔵めぐりまちあるき」が催されました。
たくさんの方々にお越し頂き大にぎわいの牧禎舎でした。

牧禎舎の母屋では、お琴と笙のコラボ演奏や雅楽が演奏されました。
お琴と笙の演奏は珍しく、牧禎舎から流れる音色が何とも素敵でした。
また、雅楽の神秘的な音色に皆さん聴き惚れている様子でした♪
gagaku.jpg


工房の隣りの工場では、ガラス工芸、陶芸、和小物等の作家さん方が出店して下さいました。
魅力的な作品ばかりで、とてもわくわくする空間でした。

machiaruki.jpg


machiaruki2.jpg

( 2011/05/26 13:46 ) Category ・お知らせ | TB(0) | CM(0)

5月21,22日イベントが行われます 

こんにちわ。

先日種まきした藍は芽を出し始めました。
ainome2.jpg

そしてこの前まだ小さかった藍http://makitei.blog90.fc2.com/blog-entry-26.htmlはこんなに大きく順調に成長しています。
ainome1.jpg
このまま順調に成長して欲しいです。




さて、5月21,22日に下記のイベントが行われます。
akaposu.jpg
藍染体験や演奏、足袋の販売や、人力車、ほかにもいろいろと楽しめるイベントです。

牧禎舎も参加していますので、是非来て下さい。
なんと、藍染め体験100円引きです。そして売り上げの一部は東日本大地震の義援金として寄付されます。




イベントに向けて牧禎舎では新商品も販売いたします。
syusyu1.jpg
本藍染めしたシュシュです。
syusyu2.jpg
かご染めや竜巻絞りなどいろんな柄で染めました。

syusyu3.jpg
↑スタッフOさんの頭を借りました

数に限りがあるため、欲しい方はお早めに。



また、のれんも夏に向けていくつか染めました。
norenn.jpg
夏に藍染ののれんはいかにも涼しそうで良いですよ。


それでは、5月21,22のイベントは大人から子供まで楽しめるイベントとなっておりますので、皆様お誘い合わせのうえ是非お越し下さい。


そして牧禎舎を見に来てみて下さいね。


以上スタッフIでした。
( 2011/05/19 16:52 ) Category ・お知らせ | TB(0) | CM(0)