牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。
月別アーカイブ  [ 2011年02月 ] 

今年も宜しく御願い致します。 

大変おそくなりましたが…

明けましておめでとう御座います。
今年もよろしくお願い致します。

さて、皆様お元気でいらっしゃいますでしょうか?
先日は牧禎舎のある行田でも雪がつもり、まだ日陰の所には、うっすら雪が残っています。
外で水洗いなどするこの仕事、さすがにまだ少し寒かったりします…。
だんだん暖かくなってきましたが、急に冷えたりするので、皆様もお気をつけ下さい。


そして話はかわりますが、年を明けてからこの一ヶ月の間に、牧禎舎ではいろいろなことがありました!


まずは年の初めに、初染めをスタッフ一同で行いました!!

初染めの儀式

この初染めというのは、和紙を小さな着物型に切ったものを、藍で染めるというもの。
この儀式は昔よく行われていたようです。この写真がそれですね。
これで一年間、藍がよく染まるかどうかを占ったようです。

うーん…どうでしょうか…。
上手くそめることが出来たでしょうか…!?


そして、2月5日には、牧禎舎裏の工場でイベントが行われました!

このイベントは行田にある、ものつくり大学の学生さんが、
牧禎舎裏の被服工場跡をどうやって町づくりに活かしてゆくかということを発表するというものでした。
皆さん、しっかりとした発表で、いろいろな提案をなさっていました。
この様子は、後日、埼北読売で取り上げられていました!
まだチェックしていない方は是非ご覧になってみて下さい!!
そして、そのイベントの後……

大迫力の、コレ↓です!!!!

ワークショップ

行田の芸術家さんが来て下さり、お客様と一緒に
ビニールテープを使ったワークショップを行い、
アート作品!をつくりました!!
ビニールテープを梁に通したり、二階にいってみたり……。
ものつくり大学の学生さんや、遊びに来て下さった近所の方々、
さらに同じNPOのメンバーの方までもが、楽しそうに参加されていました。
今でもまだこの状態で残っているので、興味がありましたら是非いらしてください!
すごい迫力です!!

そして三つ目。
それは牧禎舎が夕刊の読売新聞に取り上げられたこと!です。
お客様が楽しそうに染められていらっしゃるところの写真が載っていました。
お手伝いしている私たちも一緒に写っていたり…。
2月10日に掲載されていましたが、その日のうちに、お問い合わせがちらほら。
こちらも夕刊をとっていらっしゃる方は是非ご覧になってみて下さい!


そしてここで、ちょっとお知らせです。

牧禎舎では今年、簡単なワークショップを行いたいと考えています。
そこで、第一弾は4月に予定しています。
3月の行田市の市報にお知らせが掲載される予定なので、気になる方は是非、
そちらの方をチェックしてみてください。
またこちらのブログでもお知らせ致します!


…さて長々と書いてしまいましたが、
これからも、気合いをいれて頑張っていきたいと思いますので、
今年一年、牧禎舎をよろしく御願い致します!
スタッフOでした。
スポンサーサイト
( 2011/02/17 16:23 ) Category ・お知らせ | TB(0) | CM(0)