牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

新装開店!? 




お久しぶりです。スタッフOです。

先日、綺麗になった庭のことをお話しましたが、
今回もニュースがあります!!

なんと牧禎舎工房内の壁綺麗になりました!!

以前は壁紙が部分部分で異なっていたのですが、
思い切ってはがして、その上から珪藻土のようなものを塗って、
真っ白な壁にいたしました!!
(なんと私たちスタッフでの改装です…!)
ところどころはみ出したりしていますが…それも手作り感がでて、いい雰囲気になったと思います。

窓から差し込む光を反射して明るくなった室内。
ハンカチやTシャツなどの藍染め製品が白壁に映えて、なんともいい感じです…!


そして、さらにさらに!!
新しく椅子まで用意致しました!!
染めやすいように、藍甕の高さに合わせた、小さめの丸椅子です。

洒落た藍甕と、小さな椅子。
説明用の黒板に、部屋の中央に設置された時計。
…なんだか小さな教室のようです。
いつか藍染めや行田の歴史についての講習会などが、できたらいいなぁと思っています。

日々新しくなっていく牧禎舎。
これからも変わっていく予定ですので、どうぞご期待ください!!

それでは、また!
スポンサーサイト
( 2010/09/22 01:08 ) Category ・お知らせ | TB(0) | CM(0)

勉強!! 

スタッフOです。

突然ですが。
牧禎舎は今年5月にできたばかりです。
同じように、スタッフもほぼ初心者だったりします。(お師匠は除いて…)
もちろん今は、初めの頃より進歩していますが。

そのため、お客さんがいないときには、私たちスタッフも勉強を兼ねて、
商品を製作したり、新しい染め方の研究なんかをしています。

そして昨日染めたものが、コレ。

藍染めシャツ!

以前ブログにUPした、スタッフのIさんのシャツを見たOの母が、
「同じものがほしい!」ということで、真似をして染めてみたものです。

けれども、難しいんです、コレが。

上のほうが籠染め、さらにグラデーション…。
Iさんがうみだした染め方。
Iさんがよくこの染め方をしているので、簡単なのかと思っていたら、
そんなことはありませんでした…。

籠染めの部分が緩すぎて、模様がはっきりでませんでした。
うーん…。

“日々是勉強”です!!
補助とはいえ、人に教えるのですから、しっかりしなければ!
(染め方のほうも、これからブログに載せていきますね)
また明日も頑張ります!
もちろん、お客様がいらしてくださるのもお待ちしておりますので。
どんどんいらしてください~!!

ではまた!

( 2010/09/13 16:39 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)

すっきり! 

…何がすっきりしたかというと、

牧禎舎のです!!

今日は朝から植木屋さん(造園屋さん??)が来てくださり、
夏の間に元気に伸びていた(というか、伸びすぎていた)木々を
切ってくださいました!!

枯れかけていた木を抜いたり、道をふさぐほど伸びていた蔓を丁寧に切っていただいたおかげで、
とてもさっぱり!すっきり!しました!!
以前、牧禎舎を訪れてくださったお客さんなどは、
あまりの変わりように驚いてしまうんじゃないでしょうか??
それくらい変わってます!!


―と、そこで判明した事実。
休憩時間の植木屋さんとまったりお話ししていたのですが、
庭に植えてあった木の種類をうかがってみて、 ビックリ。

なんと10種類以上の木が植えてあったそうです…!
今度はそれぞれの木の名前を貼っておきたいと思っています。
…それまでに漢字が分からない木を調べないとならないですが。…シャリンバイモッコクって何…??


そんなこんなで、新しくなった牧禎舎の庭。
今までのお客様も、初めていらっしゃるお客様も、是非とも見にいらして下さい~!!

……今回は写真を撮るのを忘れてしまったので、また後日にアップしますね…。


そして、忘れてはならないお客様。

今日は市内の団体様がいらっしゃり、
みなさんそれぞれに素敵なハンカチを染めていきました!!
その時の嬉しそうな顔!!
スタッフである私たちが逆に嬉しくなってしまいました。

これからも、お客様が笑顔になっていただけるように、
牧禎舎一同頑張っていきたいと思います!!!

それでは、また!
スタッフOでした。
( 2010/09/10 01:10 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)

藍がめって…? 




スタッフOです。

今回は藍染めに欠かすことのできない、重要な甕(かめ)について、ちょこっとお話します。

藍は藍がめと呼ばれる甕に入っています。
藍染をするときには、その中に直接染めたい物を入れて染めます。

ぐつぐつ煮たりして染める草木染めと違って、藍は20~30度の水温にして染めるので、
手を入れても熱くないんですよ。
むしろ今の気温からしたら冷たくて気持ちいいです。

ちなみに牧禎舎の藍がめは、約200年前から使われている甕を使用しています。
菌などが甕の中についていて、新しい甕を使うより、藍が建てやすくなっているんです。


ですがこの甕、実は約1,2mもの深さがあるんです…。
ということで、お子さんは、すっぽり中に入ってしまうという話を
よくお客様としているのですが…。

そんなことをスタッフのIさんと話していて、できたイラスト…







藍染め時の注意…??

…………。
……………。
………………有名なマスクマンが出てくる、アレです。

 藍がめは深さはあるのですが、幅は狭いんです。
 頭から落ちたら深さで手は届かないだろうし、もがくこともできない…
 まるで「犬神家の○族」みたいになっちゃうね

というような話から、書いてみました…。(書いちゃったよ、I さん!!)

真ん中にある丸い入れ物みたいなものが藍がめです。
そこから突き出ているのは足…(のつもりです)
…落書きの汚さが、禍々しさを余計に醸し出してる気がします…。


みなさん、藍染めをするときには、のぞきすぎて甕の中に落ちないよう、
気をつけてください……
( 2010/09/08 00:27 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)

牧禎舎スタッフ紹介 

はじめまして。牧禎舎スタッフのOです。
牧禎舎がさらに盛り上がるよう、楽しい記事を書き込んでいきたいと思うので、
これからよろしくお願いします。

さて、ここでは牧禎舎ではどんなメンバーが働いているのか、
まずはスタッフの紹介をしたいと思います。

牧禎舎スタッフ

画像の一番左から順に、(お粗末な絵ですみません…)

・お師匠
 牧禎舎のボス。
 以前は別の藍染め屋さんで働いており、牧禎舎では唯一、藍を建てることのできるお師匠さんです。
   ※藍を建てるとは、固形状の藍を発酵させたりして、染めることのできる液体にすることです。

・I さん
 牧禎舎の指導補助スタッフの中で最も頼りになる先輩。
 牧禎舎のブレインでもあります。

・O
 私です。同じく牧禎舎の指導補助スタッフ。
 牧禎舎の染め師(Iさん談)……??

・M さん
 またまた同じく牧禎舎の指導補助スタッフであります。
 牧禎舎の縫い師。ねこ大好き。

・謎の猫's
 牧禎舎にたまーに出現する猫。野良ネコかも…??
 運がよかったらさまざまな猫に会えます。


…と、こんなメンバーで、牧禎舎は構成されています。
よろしかったら、ぜひお気軽にお立ち寄りください!!
簡単な模様であれば、ハンカチは30分程度でそめられますよ~
牧禎舎一同、お待ちしております!!
( 2010/09/06 12:05 ) Category ・牧禎舎について | TB(0) | CM(3)

藍染 ティッシュケース プレゼント。 

スタッフIです。



「ブログ見たよ」っと言って藍染体験をしてくださったお客様に、

藍染 ポケットティッシュケース、プレゼント です。



・・・・。



でも、



さらしで、


手作り・・・・


です。


・・・・・。




こんな感じです。

ティッシュ
私、スタッフIがミシンで縫いました。


なくなり次第終了です。
( 2010/09/05 21:15 ) Category ・お知らせ | TB(0) | CM(0)

藍染基本の染め方。 

牧禎舎 藍染 基本の染め方を紹介します。



はい。

黒板
(※牧禎舎の黒板です。)




�絞りを施した布を水でぬらします。

 藍がよく浸透するようにです。



�かめの中に入れます。
 
 中に入れて持っている所を持ちかえて下さい。
 持っている所は染まりません。



�1分間じっとまちます。

 途中で出すとムラの原因になります。



�空気にあてます
 
 藍は酸化で染まっていきます。



� �~�をくり返します。(※計3回)



�水ですすいで完成です。


このような工程で染めます。

ハンカチなら10分~15分で完成します。






以上、スタッフIでした。
( 2010/09/05 20:00 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)

Tシャツを染めてみよう。 

藍染めTシャツを作ろう。

ということで、作ってみました。


まずは白いTシャツを用意します。(※綿、麻、シルクが染まります。ポリエステルは染まりません。)

shirot.jpg


よーく洗濯をします。

(※そのままだと糊がついていたり、油がついていて良く染まらないことがあるからです。)


染めたいように絞りを施します。



今回は籠染めにしました。



染めます。
(※染め方はまた別に記事を書くので是非見てください。)


すると、





こんなに素敵なTシャツに!

染済Tシャツ
スタッフOさん作。

籠染めならではの綺麗な模様が出ています。
藍の色も濃く出て、とても華やかなTシャツになりました。





そして私はノースリーブを・・・
白ノースリーブ





こんな感じに。
染済ノースリーブ

上を籠染めに、全体的にグラデーションをかけました。



今回は新品を染めましたが、

もちろん着古したTシャツでも染められます。
(※持ち込みの場合よく洗って来てください。)


皆さんも、白で着飽きたTシャツやキャミソール、ブラウスなど染めに来てみて下さい。



きっと今までとはまた違った雰囲気に生まれ変わります。


そして何よりオリジナルを作れるので、とても楽しいですよ。





以上、スタッフIでした。
( 2010/09/05 19:18 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)

藍の花が咲きました。 

ご存知の方も多いと思いますが・・・、


藍の元になるのは植物です。


牧禎舎でも藍を栽培しています。

藍の花と蝶

最近花が咲いているので、ちょうちょが良く飛んできます。

藍の花は小さくてピンクの可愛い花です。(「あかまんま」という花に似ているそうです。)



そしてなんと、


食べられます。


牧禎舎では「天麩羅」にして食べました。







味は・・・、



少し苦味がありますが美味しかったです。


藍は元々胃腸の薬なんかとして使われていたりしたので、体によさそうです。


そしてそんな美味しい藍の葉は・・・





牧禎舎ではスタッフ師匠共に一生懸命栽培しているのですが、


だんだん葉がボロボロに(;_;)


原因は、こいつらです。

藍とバッタ

バッタです。

沢山のバッタ達が藍の葉を食べてしまっています。

そして、始めは小さかったバッタ達は日に日に大きく成長しています。




牧禎舎では、こんなバッタ達を温かく見守っています。



お師匠は、「タデ喰う虫も好きずきって言うけど、こいつらはタデ喰うんだな。」
(牧禎舎ではタデ科の藍を育てています。)と言ったりしながら


牧禎舎はのんびりと藍を育てています。





種が沢山取れたらいいな・・・。





以上、スタッフIでした。

( 2010/09/05 18:37 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)

藍染体験工房 牧禎舎 

藍染体験工房 『牧禎舎』

ブログ始めました。
( 2010/09/03 15:54 ) Category ・お知らせ | TB(0) | CM(0)