牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

6/18(日)の藍染め 

170621_藍染め01

この間の日曜日は児童会の子供たちのハンカチの藍染め体験でした。

170621_藍染め02

それぞれビー玉や板や輪ゴムを使ったり、折り畳んだり…
それぞれ思ったように仕込みました。

170621_藍染め03

2班に分かれて藍染め。
結構みんな慎重派で最初はなかなか藍にハンカチを入れようとせず。おそるおそるでしたね。
(そういえば昔体験セミナーでのうどん打ちのときも水の入れ方に性格出ますね。「ちょっと」が本気でちょっとだったり!)

170621_藍染め04

3分×2〜3回、一生懸命染めてこんなに良いのが出来上がりました!
個性豊かですね。

染めた後はちょっと脱水して持ち帰り、お家で水に一晩つけて、朝になったら水で再度すすいでもらい、自然乾燥させます。
そのあと水洗いを3回(洗って→干す×3回)していただいたら、ハンカチとして使っても手にほとんど色がつかないくらいになってると思います。

使い始めてからは、しばらくは単品水洗いのみにしていただき、
そのうち洗剤を使われる場合は漂白剤の入ってないタイプをお使いください。
※漂白すると色が落ちてしまいます。

ぜひ使ってくださいね〜
スポンサーサイト
( 2017/06/21 08:00 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)

6/11(日)の藍染め 

170612_足袋博

昨日は午後からグループでの予約をいただいていたので、午前中は足袋とくらしの博物館(足袋博)とミュージアムをうろうろ…友人に送る半足袋を選んだりしました。この日はMy足袋づくり体験の日だったので、職人さんも忙しそうでした。
足袋博のとなりにある愛宕神社には紫陽花が色づいていましたよ。ちょっと涼しげ…。

170612_忠次郎蔵そば店

そしてちょっと早めのお昼。
先々週、裏技!?を教えてもらい、忠次郎蔵からお蕎麦を出前。*出前サービスは通常しておりません。
牧禎舎が目と鼻の先で、食べに行ってしまうと牧禎舎が留守になるため、「前はよく牧禎舎に届けてたんだよ」という情報を小耳にはさみ、お聞きしてみた次第。

初めて肉汁そばを注文しましたが、おいしかったです!

170612_藍染め01

午後になり、藍染めに来てくれたのは年末に来てくれた親子。今回はご友人の皆さんも一緒に行田まで遊びに来てくれました。手ぬぐい(晒)を持ち込みで藍染めします。

170612_藍染め02

今回、ほとんどの方が最後に染める前に輪ゴムなどをところどろこ外して、藍返しをされました。
外したところが茶色っぽくなってるのが分かりますでしょうか?
ラスト1回染めると、この部分が薄い水色になります。

170612_藍染め03

出来上がった手ぬぐいがこちら!

170612_藍染め04

みんなそれぞれで楽しいですね。
西→東…と3〜5分を4回ほど繰り返しました。

今回は時間の都合で忠次郎蔵のゼリーフライにありつけず、残念でしたね。
お昼のお蕎麦と一緒に注文しとけば良かったね!

牧禎舎には手ぬぐいの在庫はないので、染めたい場合は持ち込みでお願いいたします。
暑くなって来たので生地屋さんにも10mくらいの長さで販売してるかと。

-------------------

★参加者まだまだ募集中!★

170514_WS19ポスターサムネイル

藍染めキルティングポーチづくり

▶日時 *全3回(場合により4回)
6月17日(土)10時~、7月1日(土)、22日(土)
各10時~12時

▶集合場所
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
自分で藍染めした布を使ってポーチを作ります。柄は自由です。無地でも良いし、ビー玉を入れたり、ツートンにしても。ご相談ください。
初日に藍染めに進めなかった方は6月23日~25日の間に要藍染めしていただきます。または初日の午後に染めてもOKです。
見本のような大きな模様ひとつや、無地の藍染めは早ければ初日の2時間内で出来ます。
7/1、22はキルティングなど縫製の工程になります。

サイズ:H10×W15.5×D3cm。キルト講師:飛田恭子

▶定員
12名

▶対象
小学4年生~(針が使えればOK)

▶費用
3千円

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎048-552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net

担当:永島(ながしま)

------------------
( 2017/06/12 08:00 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)

藍染体験の記事を 

アクセサリー作家のおかみ堂さんが先日の藍染体験についてブログを書いてくれました。
おかみ堂さんは、COCOオフィス(さいたま市)利用者で、仕立て屋りゅうのひげさんも以前そちらを利用されていた関係で牧禎舎に視察に来られたこともあるそうです。

おかみ堂さんのブログはこちら
http://ameblo.jp/okamdo/entry-12280967968.html

またぜひ行田へお越し下さい!

-------------------

★参加者まだまだ募集中!★

170514_WS19ポスターサムネイル

藍染めキルティングポーチづくり

▶日時 *全3回(場合により4回)
6月17日(土)10時~、7月1日(土)、22日(土)
各10時~12時

▶集合場所
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
自分で藍染めした布を使ってポーチを作ります。柄は自由です。無地でも良いし、ビー玉を入れたり、ツートンにしても。ご相談ください。
初日に藍染めに進めなかった方は6月23日~25日の間に要藍染めしていただきます。または初日の午後に染めてもOKです。
見本のような大きな模様ひとつや、無地の藍染めは早ければ初日の2時間内で出来ます。
7/1、22はキルティングなど縫製の工程になります。

サイズ:H10×W15.5×D3cm。キルト講師:飛田恭子

▶定員
12名

▶対象
小学4年生~(針が使えればOK)

▶費用
3千円

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎048-552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net

担当:永島(ながしま)

------------------
( 2017/06/09 08:00 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)

6/3(土)4(日)の藍染め 

170607_藍染め01

先週末は牧禎舎の工場にてかんのん塾展開催のため、土曜日も臨時オープンしました。
こちらは土曜日の藍染め。

手前の手拭いは仕立て屋りゅうのひげさんの丹精込めた藍染め。板締めを2枚と、真ん中のはちょうちょ絞りです。たくさんのちょうちょ頑張りました。

奥に見えるのは足袋博用の足袋生地です。唐草のような織り柄のある生地で、無地に染めるだけで濃淡の柄が浮かび上がります。

170607_藍染め02

こちらは6/5(日)の藍染め。
仕立て屋りゅうのひげさんが以前利用されていたさいたま市のCOCOオフィスより作家さんご家族が藍染め体験に来られました。写真左から、ビー玉(ハンカチ)、折り紙絞り(ハンカチ)、籠染め(バンダナ)です。

折り紙絞りはがんばって5回染めています。(西→東を繰り返し3分ずつ)

170607_藍染め04

こちらは蚊帳(麻)の藍染め。このあとこの生地でお洋服を作るのだそう。涼しそうでいいですね。

170607_藍染め03

こちらはチュニックを藍染め。元は青とベージュの大きなボーダー柄でした。ベージュ色のところに藍色を重ねたいということで、巻き上げ絞りの模様を大きく入れてから、解いて、全体を薄く藍返ししました。

170607_藍染め05

最後に、なんと5月の終わりに出展した古河マルシェでお会いした方がご家族で行田に来てくれました!
写真左がくじゃく絞り、右が折り紙絞りです。
日本遺産になったものの、まだまだ…の行田ですが、足袋とくらしの博物館も、忠次郎蔵蕎麦店も、牧禎舎も楽しんでいただけたようでとても嬉しいです。

170528_古河マルシェ01
先月の古河マルシェ出展の様子

古河マルシェについては仕立て屋りゅうのひげさんとNPOの坂田さんから古河の感想などについてお聞きしていたので、古河すごいなぁ〜と思ってましたが、古河市民からは行田すごいなぁ〜と思っていただけたようで、お互い隣の芝生は青いようでした。
お互い少しずつ良くして行ければ良いですね。

とりわけ、若い人が携わっているというのが良く見えるようです。なるほど。求む!若い力!

藍染めした後は、濃く染めれば染めるほど、最初のうちに色が落ちます。藍染めした日はご自宅に持ち帰ってから一晩水に浸けておいて、朝になってから水ですすぎ、自然乾燥させてください。
その後、洗って干すを3回繰り返したら、お使いいただけます。濃い色のときは様子を見てもう少し洗ってください。

使い始めてからしばらくの間は洗剤なしで他の洗濯物とは別にして水洗いがおすすめです。
色が落ちなくなってきたら洗剤を使って他の洗濯物と一緒でも(私は)洗ってしまいますが、漂白剤の入ってない洗剤をご使用ください。

-------------------

★参加者まだまだ募集中!★

170514_WS19ポスターサムネイル

藍染めキルティングポーチづくり

▶日時 *全3回(場合により4回)
6月17日(土)10時~、7月1日(土)、22日(土)
各10時~12時

▶集合場所
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
自分で藍染めした布を使ってポーチを作ります。柄は自由です。無地でも良いし、ビー玉を入れたり、ツートンにしても。ご相談ください。
初日に藍染めに進めなかった方は6月23日~25日の間に要藍染めしていただきます。または初日の午後に染めてもOKです。
見本のような大きな模様ひとつや、無地の藍染めは早ければ初日の2時間内で出来ます。
7/1、22はキルティングなど縫製の工程になります。

サイズ:H10×W15.5×D3cm。キルト講師:飛田恭子

▶定員
12名

▶対象
小学4年生~(針が使えればOK)

▶費用
3千円

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎048-552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net

担当:永島(ながしま)

------------------
( 2017/06/07 08:00 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)

5/28(日)の藍染め。藍返しも。 

170530_籠染め

最近、顔隠しづくりにハマっている感が…。ついついわざわざ作ってしまう。

この間の日曜日はご家族でにぎやかな藍染め。忍城も楽しんでもらえたかな?
ビー玉やペットボトルのキャップ等を包んでハンカチを藍染めしました。
ちょっと変わったところに輪ゴムを巻いてみたり。
時々現れる、あの輪っか模様はなんだろう?と
謎に思っていたんですが、
どう巻いてるかが分かりました!
今度わたしもやってみよう。

170530_籠染め藍返し

こちらは藍染体験工房をお手伝いしてくれているKちゃんの藍染め。
今日は藍染めに来てくれました。

白が多めだった籠染めを藍返しして、白地なしの籠染めに。
淡い水色もきれいですね!

------------------

170514_WS19ポスターサムネイル

藍染めキルティングポーチづくり

▶日時 *全3回(場合により4回)
6月17日(土)10時~、7月1日(土)、22日(土)
各10時~12時

▶集合場所
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
自分で藍染めした布を使ってポーチを作ります。柄は自由です。無地でも良いし、ビー玉を入れたり、ツートンにしても。ご相談ください。
初日に藍染めに進めなかった方は6月23日~25日の間に要藍染めしていただきます。または初日の午後に染めてもOKです。
見本のような大きな模様ひとつや、無地の藍染めは早ければ初日の2時間内で出来ます。
7/1、22はキルティングなど縫製の工程になります。

サイズ:H10×W15.5×D3cm。キルト講師:飛田恭子

▶定員
12名

▶対象
小学4年生~(針が使えればOK)

▶費用
3千円

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎048-552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net

担当:永島(ながしま)

------------------
( 2017/05/30 08:00 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)

5/20(土)21(日)の藍染め 

もう早くも一週間前!
蔵めぐりのときの藍染めをご紹介します。

まずは20日の藍染めから。
こちらはかわいい姉妹がビー玉と洗濯ばさみで藍染め。

170520_藍染め

今年はWSを開催せず、通常の藍染体験にしていたためか、お子さんの藍染め体験が目立ちました。
というわけでこちらもかわいい子たちの藍染め。意思をかんじますね!

170520_藍染め02

最後は大人の☆藍染め。
お子さんたちより濃い色なのが伝わりますでしょうか?
白が多めの巻き上げ絞りです。

170520_藍染め03

日付変わって、21日の藍染め。

なんと沖縄から、琉球藍でグラデーションに染められた手拭いの持ち込みが!
(写真撮り忘れたため、ご本人より拝借いたしました)

170525_琉球藍

すでにとても奇麗なのですが、+オリジナルでビー玉を入れて、薄く藍染めしました。
ほかにも籠染めのハンカチと、板締め絞りの手拭いも。
板締め、お正月に大掃除したときに小さいですが板が出て来たので、ぼちぼち始めました。

170521_藍染め01

続くときはなぜか続く…というわけで、籠染めハンカチが続きました。
そしてビー玉も。大人のビー玉使いですね!
昨年は蔵めぐりでWSに参加いただき、巻き上げ絞りに挑戦してくださった方でした。

170521_藍染め02

最後はなんとかわいい子によるくじゃく絞り!お子さんによるくじゃく絞りは実に久しぶりです。
蔵めぐり協賛店で新町アーケードにあるマルヤマさん経由というのも嬉しかったです。ご家族で髪の毛をカットした後に藍染めに来てくださいました。

170521_藍染め03

しかし2日間とも実に良く晴れ、暑かったですね…。
ふと顔を上げると母屋に着物姿が…いい眺めです。

170521_母屋

-------------------

170514_WS19ポスターサムネイル

藍染めキルティングポーチづくり

▶日時 *全3回(場合により4回)
6月17日(土)10時~、7月1日(土)、22日(土)
各10時~12時

▶集合場所
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
自分で藍染めした布を使ってポーチを作ります。柄は自由です。無地でも良いし、ビー玉を入れたり、ツートンにしても。ご相談ください。
初日に藍染めに進めなかった方は6月23日~25日の間に要藍染めしていただきます。または初日の午後に染めてもOKです。
見本のような大きな模様ひとつや、無地の藍染めは早ければ初日の2時間内で出来ます。
7/1、22はキルティングなど縫製の工程になります。

サイズ:H10×W15.5×D3cm。キルト講師:飛田恭子

▶定員
12名

▶対象
小学4年生~(針が使えればOK)

▶費用
3千円

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎048-552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net

担当:永島(ながしま)

------------------
( 2017/05/27 08:00 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)

5/14(日)の藍染め 

170517藍

牧禎舎で蒔いた藍は、ちょっとずつ茂ってきて、小さいプランターが手狭になってきました。

170517藍染めws17

この日は2月のWSに参加された方が藍染め。藍染めがまだでした。
西の甕が大分薄くなってきているものの、西東西と各3分染めるとまだまだ2月と変わらないくらいの濃さになりました。

170517藍染め

こちらはスマホケースの藍染め。空いた時間に少しずつやらねば。焦

------------------

tabiyayokocho2017_fbバナー

↑第13回 ぎょうだ蔵めぐりまちあるき同日開催「足袋屋横丁」詳細はこちら!
( 2017/05/17 08:00 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)

5/4(日)の藍染め 

ご紹介しそびれておりました和ンダーランド埼玉(同実行委員会主催)開催中の5/4の藍染めをご紹介します。
連休は連日良いお天気でしたね。

170513_藍染め01

今年の和ンダーランドにはご近所からお越しの方の姿がちらほら。例年5/4はさきたま古墳で「さきたま火祭り」が開催されていて、そちらの会場に集客しているせいかいつもは閑散としている牧禎舎ですが、今年は日中を牧禎舎で過ごされる方もいたようです。嬉しい!

ちょっと時間が経ってしまい、染めた回数を忘れてしまいました。たぶん3分×3回は染めてるかと。くじゃく絞りです。同じ技法ってなぜか続きますね。

170513_藍染め03

こちらはミニタオルハンカチ。牧禎舎では一番お手頃価格です。小さな子(4歳だったかなぁ?)ががんばって輪ゴムを巻きました。こだわりのビー玉3つ並び。

170513_藍染め02

こちらも小さな男の子作のハンカチ。とお母さん作のバンダナ。
いっぱいビー玉、包みましたね!

暑くなってきて、藍甕のヒーターはOFFになって半月ほど経ったでしょうか。
また急に涼しくなったりしてるので、季節の変わり目が一番菌の様子が不安定です。
具合を見ながらの藍染めになります。

------------------

tabiyayokocho2017_fbバナー

↑第13回 ぎょうだ蔵めぐりまちあるき同日開催「足袋屋横丁」詳細はこちら!
( 2017/05/13 08:00 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)

5/3(水祝)の藍染め 

170506_藍染め01

5/3(水祝)、和ンダーランド埼玉開催初日の藍染めの様子です。
この日はハンカチとバンダナの藍染め。

ふたつある甕のうち西の甕が大分薄くなってきたと思われるので、西東各2回ずつ染めました。
↓なかなか濃くなりましたね!

170506_藍染め02

模様がくっきり出てコントラストがはっきりしていますね。

普段、染色関係のお仕事でゴム手袋を使用している方だったので、汚れた手袋は手袋をしたまま洗ってから、脱ぐ。という暗黙のルールをご存知でした!
そうなのです。あんまり敢えてご紹介したりしないのだけど、藍染め中、手袋を脱ぎ着するときは、手袋したまま手袋を洗ってから脱ぐと、その後またはめるときに手が汚れません。

あとゴム手袋が脱ぎにくいときは、めくるようにすると脱ぎやすいです。

以上、ほんとに豆知識でしたっ
( 2017/05/05 08:00 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(0)

4/30(日)の藍染め 

この間の日曜日、牧禎舎へ行く前に市役所の前を通ったら、嬉しそうな横断幕があったのでパチリ。

170503_市役所

まさに足袋は和装文化を足元から支えていますよね!

藍染めの写真が少なくてすみません。すっかり撮り忘れてしまいました。
なんと浴衣用の晒の藍染めでした!

170503_藍染め

勘違いしてお聞きしていて、もっと量が少ないと思っていたのですが、なんとか藍染めしていただけました。

藍の菌になるべく負担がかからないように…と思い、伸子に張って染めてみました。
藍もそんなに具合悪くなってないみたいで…まぁ本日これから確認が必要ですが。

いまは西側の甕は順調に薄くなってきています。水色に染めたい方はこのチャンスにどうぞ!

5/3(水祝)〜5(金)は藍染体験工房を臨時オープンしています。
*本日3日は12時〜開館します。

近くの足袋とくらしの博物館は5/3〜7臨時オープンしているそうです。
こちらもぜひお立ち寄りください。
( 2017/05/03 08:00 ) Category ・藍染め | TB(0) | CM(2)