牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

本日から忍町アートギャラリー開催です 

本日から牧禎舎とその周辺では「忍町アートギャラリー」開催です。
藍染体験工房は11/11土、12日だけ開館します。見学だけでもぜひお立ち寄りください。

先日、東京駅のTBSショップにて『陸王』グッズの「グミ」を購入してきたので、11日にお越しの方に強制的にグミを配るかもしれません。*10粒入りでしたので、なくなり次第終了です。10粒のうち3粒がソール味(ゴム風味)だそうです!

171110_陸王グミ

東京駅へ行った理由は、11/8のみKITTE地下にある東京シティアイにて『陸王』舞台のまち行田展を開催していたから。もちろん観に行ってきました!
書店による『陸王』関連本の販売や、行田関係のパンフレットの配布、足袋をはじめ足袋型のお煎餅やクッキーなどの販売をされていました。先着200名には『陸王』のドラマにてゲンさんが銀行へ持って行っていた戸塚煎餅さんの足袋型煎餅のプレゼントがありました。

映像はこの夏に古代蓮会館での展示のときに流していたものでした。まさかメガ足袋にも会えるとはびっくり。昨年のB-1につづき、東京進出2度目ですね。そろそろ補修してあげたいな。

171110_陸王舞台のまち行田展

この日は東京駅を後にして、上野の藝大にも立ち寄り展示「縒」を観てきました。
こちらには以前お仕事場を訪問させていただいた行田市内にある三八染工場の瀬藤貴史さんが作品を出品しています。
11/12(日)までです。瀬藤さんの作品は2Fに展示されています。

171110_38design_縒

えっこれが友禅!?とびっくりすると思います。ぜひご覧下さい。
スポンサーサイト
( 2017/11/10 08:00 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)

ドラマ「陸王」スタート。足袋や足袋グッズを買える場所 

161217_池井戸潤著『陸王』

ついに一昨日の日曜日にTBSにてドラマ「陸王」第一話が放送されました!初回はみんなで集まり行田の景色や知ってる場所、会社、ひとが映るたびに盛り上がりにぎやかに鑑賞しました。
ストーリーはあとで録画をじっくりということで…

150923_水城公園

写真は以前撮影した水城公園。陸王にも出てきました。行田市役所前の通りを南下するとあります。牧禎舎からだと徒歩9分ほど。牧禎舎近くの商工センター半地下にあるぶらっと♪ぎょうだでレンタサイクルを借りれば3〜4分くらいで行けます。レンタサイクルは市役所の並びバスターミナルにある観光案内所でも借りられます。
ちなみにこの通りを水城公園も通り過ぎてもう少し南下すると杵屋足袋さんも近いです。

160404忍城

こちらの写真は春の忍城。ドラマの中でミニチュア模型のように映ってましたね。実際近年建造された資料館なので観光地にある立派なほかのお城に比べて小さいです。忍城は牧禎舎から徒歩約7分です。市役所と産業文化会館の間の道「浮城の小径」を通ると少し遠回りかもしれませんが景色が良いので時間が短くかんじるかも。


ドラマをご覧になって足袋を欲しくなった方もいらっしゃると思います。
まちあるきの方にもときどき足袋を購入出来る場所についてたずねられることがあるので、こちらで少しご紹介します。足袋のほかに足袋にちなんだグッズもありますよ!
*情報は流動的だと思いますので、最新情報とは限りません。ご容赦ください。


<NPO法人ぎょうだ足袋蔵ネットワーク関連施設>

★足袋蔵まちづくりミュージアム(361-0073 行田市行田5-15)
・毎日10時〜16時開館 冬期夏期休館あり
・tel.048-552-1010 *ご案内のお客様来館時はお電話に出られないことがあります
 【足袋】【半足袋】【こはぜストラップ】【足袋スリッパ】【豆足袋ストラップ】【藍染め品】【陸王関連少し】【行田足袋グッズ】 *訂正しました'17.11.10

★足袋とくらしの博物館(361-0073 行田市行田1-2)
・土日10時〜15時開館 冬期夏期休館あり
・tel.048-556-5171 *ご案内のお客様来館時はお電話に出られないことがあります
【足袋】【半足袋】【こはぜストラップ】【足袋スリッパ】【豆足袋ストラップ】【忍城関連】【藍染足袋】【受注生産あり】

★牧禎舎ー藍染体験工房ー(361-0077 行田市忍1-4-11)
・日10時〜16時開館 冬期、臨時休館あり
makitei@tabigura.net *ご案内のお客様来館時はお電話に出られないことがあります
【藍染め品のみ】【藍染足袋少し】【藍染め豆足袋ストラップ】

★ほか
アーティストシェア工房利用の仕立て屋りゅうのひげさんによる足袋関連グッズ等の販売もあります。販売会は不定期開催ですので足袋蔵ネットワークのfbページをご覧ください。
足袋蔵ネットワーク fbページ→



<市営/市関連施設/市委託施設>
古代蓮の里売店(361-0024 行田市小針2375)
・9〜16時
・月曜休館(祝日の場合は火曜休館)、祝日の翌日、年末年始。
【陸王田んぼアート】【足袋】【無敵】【こはぜグッズ】【食品】【蓮】【ゆるキャラ】

ぶらっと♪ぎょうだ(361-0077 行田市忍2-1-8)
・tel.048-554-1036
・9〜16時
・年末年始休館
【陸王関連】【足袋】【こはぜグッズ】【食品】【忍城】【ゆるキャラ】


行田市バスターミナル観光案内所(市役所通り)
・tel.048-554-8820
・9〜16時
・年末年始休館
【陸王関連】【食品】



<ほか牧禎舎の近所>
千代の松(361-0077 行田市忍1-1-16)
・9時〜19時
・不定休
【自社の柄足袋】

忠次郎蔵蕎麦店(361-0077 行田市忍1-4-6)
・11時〜14時
・月曜定休
【足袋(千代の松)】

<市外>
おがわ温泉 花和楽の湯
【牧禎舎の藍染め品(足袋含む)】

↑もちろん行田の足袋や足袋関連グッズは各社それぞれの販路で埼玉県外での販売も多々しておりますが、牧禎舎の藍染め品を置いていただいてるので特別に小川町のスパもご紹介です。^^

今年はなかなか晴れ間がありませんが、外を歩くには気持ちの良い季節ですから、ぜひ行田散策へ訪れてくださいね。月火休みが多めかなぁ。
( 2017/10/17 08:00 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)

仕込み&藍建開始しました 

本日放送開始TBS「陸王」は行田が舞台です→
(さすがにひと言アナウンス入れとかねば…と思って)

171015_藍建01

先週、なんとか仕込みに移りました。今回はすくもがいかにも新しそうなので1/4俵使用します。こちらのすくもに手前の温めた灰汁をかけて浸します。

171015_藍建02

前回灰汁の量があまりにぴったり過ぎたので、今回はもっと多めに。こちらは蓋をして一晩蒸らします。

171015_藍建04

その間に甕の準備です。約二年半ぶりに空にしました!

171015_藍建05

灰汁を入れておきます。牧禎舎 藍染体験工房のサーモセンサーは西の甕にしか距離的に入れられないので、東の甕の加温用に西の甕にセンサーを投入しておきます。

171015_藍建06

和紙の染めの関係で、丸一日放置されたすくも。灰汁を良く吸い込んでます。

171015_藍建07

灰汁を吸い込んで柔らかくなったすくもを、更に練って塊を出来るだけなくして、甕に入れます。

171015_藍建08

ふすまも灰汁で溶いてから、甕に加えます。

171015_藍建09

そして撹拌。

丸一日置きます↓

171015_藍建10

↑一日置くとこんなかんじ。
これから一日二回撹拌していくのですが…
うまく行くといいなぁ

…としか良いようがなく。^^;

( 2017/10/15 08:00 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)

最後に和紙を藍染め 

現在、牧禎舎 藍染体験工房は藍建中です。うまく行けばいいなぁ。
今日は藍建前、最後に染めた和紙のことを。

150420楮01

こちらの和紙の端切れは約2年半前に東秩父村にある紙工房たかのの田村智美さんよりお預かりしていたものです。
同じ埼玉県で馴染みのある和紙とコラボできたら面白そう!ということで、当初より「藍建前の一番薄い残り汁(笑)で染める」ことになってました。紙は吸い込みが良いだろうから、色素がいっぱいあるうちはもったいないということもありますが、どんなのが出来るか気軽にやってみよう!と思ってのことです。

結局2年半前は、藍の具合が悪くなってしまって、最後染めることが出来ずに藍建となってしまったのでした。

171014_小川和紙藍染め01

楮100%ではあるものの、紙の厚みなどは色んなものが混ざっているため、どう染めたら良いか試行錯誤…。

171014_小川和紙藍染め02

171014_小川和紙藍染め03

171014_小川和紙藍染め04

なんとなくコツを掴んだところで時間切れとなりました。あるあるですね。結構下準備に時間とられたので、次回は前もってコツコツ準備しておいたほうが良さそうです。
写真右下の色が悪いのは、染めてるうちに藍が疲れてしまってあんな色に…。

171014_小川和紙藍染め05

さて、いよいよ藍建のために西の甕を空にします!
東の甕に西の甕から藍を汲みいれて甕目一杯にしました。
藍建についてはまた後日のブログにて。
( 2017/10/14 08:00 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)

まだまだ藍建準備中 

171008_藍建下準備01

藍染体験工房では藍建の下準備として灰汁取り中です。こちらは最初に取った灰汁。色が濃いですね。
しかし…灰汁を取るのはわたしはとっても久しぶり。うまくいってるか不安がありますが、とにかく四番灰汁まで取ってみることにしました。

171008_藍建下準備02

こちらは二番灰汁。(藍色のところはもともとの汚れです。洗ったけど落ちなかった…)

171008_藍建下準備03

今日は三番灰汁を取るべく、お湯を沸かします。意外とすぐ沸きますが、なにしろ量が必要なもので…

171008_藍建下準備06

本日はお湯待ちがてら、和紙をほぐしてました。ここ数日和紙を染めてたのですが、重なってたり、厚みがあると染まりにくくて。

171008_藍建下準備04

熱湯になったら即座に木灰と混ぜます。さすがに重いです!火傷にだけは気をつけてます。

171008_藍建下準備05

171008_藍建下準備07

最終的にはここまで嵩上げしました。
これで一晩置きます。つづきはまた明日…

こんなかんじなので普段は撮影まで出来ませんが、昨日は足袋蔵メンバーのKさんが手伝いに来てくれて撮影もしてくれました。さて、灰汁がどうかなぁ。まだまだ心配です。
( 2017/10/08 08:00 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)

藍建準備中 

171003_すくも01

藍染体験工房には東西ふたつの藍甕があるのですが、西の甕がもう薄くなってからしばらく経つのでいよいよ藍建することにしました。まだ薄い色を楽しみたい気持ちもあるのですが、11月はイベントも続くし、例年秋は藍染めの方がいらっしゃることが多いので、踏ん切りをつけることにしました。

久しぶりの藍建に各所から材料が集まってきています。
頼りは商工会議所です…!笑

171003_すくも02

まずは何はなくともスクモです。
いつのか不明の古いものならあるのですが、今のところ減りが遅いので、一度藍建したら長く使うと思うと品質が分かっているものを使いたくて。ただし在庫があって購入出来れば、ですが。購入出来て良かったです。

171003_木灰

こちらは木灰。お茶をされる方はよく木灰を購入されるようですね。
初めて購入するところだったので、必要最小限を購入しました。ちゃんと灰汁取れますように。
(その後、藍染にはよく使っていただいてるので大丈夫だと思う、とご返信いただきました。昨日夕方に灰汁取りしたのでうまくpH取れてるかは本日の夕方になってから分かる予定…どきどきです)

昨日はふすまも届いていて、あとは私が消石灰を購入するのみ。ちょうどもうなくなるところなので買い時です。それにしてもなんでも20kg単位とかなので、力持ちじゃないと移動が厳しいなぁ。
( 2017/10/06 08:00 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)

My足袋で「足袋コレ2017」出場しよう! 

今年も11/23(祝)に「足袋コレ2017」が開催されるそうです。
ちょこちょこ色んなサイトで話題とポスターを目にします。
ただいま出場者募集中だそうです。

詳しくはこちら→

そこで……

誰も持ってないオリジナル足袋で「足袋コレ」に出場してはいかがでしょう!?

足袋とくらしの博物館」(通称:足袋博)では毎月第二日曜日に「My足袋づくり体験」を開催しています。
事前予約が必要です。ご予約は足袋蔵まちづくりミュージアムまで→

持ち込みした生地を使って、足袋づくりが出来ます。難しい作業は職人さんが代わりにしてくれます。
足袋に向いている生地は職人さんがよくご存知ですので、土日の足袋博へぜひおたずね下さい。
ガーゼみたいな素材や伸びる素材は不向きです。


さらには自分で藍染めした生地の足袋で出場するのも良いですね!
牧禎舎 藍染体験工房では、持ち込み生地の藍染めもしていただけます。

大体A3サイズ、または手ぬぐい1枚分くらいのサイズの布があれば一足分出来るそうです。
*足の大きい方は事前にご確認ください。

行田で藍染めした足袋なんて、行田愛盛り沢山ですね。


↓藍染め足袋といえば…AKIさんデザインの足袋で出場するのも良いですね〜!

161204_B1_AKIさん藍染め足袋
※写真は昨年12月のB−1グランプリでの様子です

足袋とくらしの博物館にて販売中です。注文を受けてから足のサイズにカットします。

また、行田の足袋の情報はこちらの「行田足袋」fbページでもご覧いただけます。→
( 2017/09/29 08:00 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)

庭そうじ 

先日の土曜日、牧禎舎の草むしりをしました。いい加減、母屋の裏側が草ボーボーとのお声があり、確かに…と気になっていたものの、ちょうど10日間ほどわたしは不在につき、放置状態でした。

その10日の間に…なんと!こんなに元気だった行田在来の青大豆が。

170902_青大豆

こんなに毛虫に食べられちゃいました!

170918_青大豆その後

無惨すぎる。

さて、草むしり…と思っていたら、ちょうど通りすがった忠次郎蔵のT村さんが「大きいのだけ抜いてやるよ!」とささっと大きなのを抜いてくれて、いきなり大物排除!とっても助かります!

その後は、足袋蔵メンバーのパルさんとともに草むしり開始。

170917_庭そうじ01

170917_庭そうじ02

どっさり取りました。

さらに…ちょうど用事があって来た親戚が虫食いの様子を見て「薬まいてあげるよ!」と噴霧器をささっと持って来てくれて、「雨降っちゃうけど…」と言いつつ撒いてくれました。こういうのあまり知らないので色々話しを聞けて良かったです。

170917_庭そうじ03

そして、もうひとつ。寄付された白い玉石を庭に入れて…。
池らしくなりましたね。

170917_庭そうじ0

最後には、通りすがりの足袋蔵メンバーKさんも加わり、どっさり出た草などをゴミ袋に詰め込んでくれ、充実の庭そうじとなりました。

牧禎舎の魅力アップ大作戦、少しずつ進めています。もしもお手伝いいただけそうな奇特なかたがいらっしゃいましたら!ぜひご連絡ください。
一緒にフォトジェニックなお庭&牧禎舎にしていきましょう。
( 2017/09/18 08:00 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)

浮き城まつりでした 

170731_浮き城まつり02

この土日は牧禎舎の近所で「浮き城まつり」開催日でした。土曜日よりも日曜日のほうが本番のお祭りです。
7時頃から「だんべ踊り」という盆踊りみたいな踊りが始まります。「こんなに人いるんだ…」と思ったの、さきたま火祭り以来ですね。

170731_藍染め01

道路は人がいっぱいで動けないので、ちょっと抜け道を通ろうとしたら呼び止める声が。
今月牧禎舎に藍染めに来てくれたTさん!
染め上がりを写真に収めるのを忘れていて、ご近所の方から「この間履いてたよ」とは伺ってたのですが…。
晴れてその姿を見ることが出来て良かったです。

夏に履きやすそうですね。ちょっとした汚れがところどころに小さく付いていたのが気になっていらっしゃったので、籠染めにして汚れの部分に藍が乗るようにして染めました。といっても実際には汚れは見えるのですが、籠染めの柄が出来るので目がいかなくなります。
武蔵野銀行の灯りを失敬して…撮影。笑

170731_浮き城まつり03

そもそもお祭りに来たのは牧禎舎のご近所のお祭り好きなIさんが「今日御神輿を担ぐ!」と昼間バッチリお祭り姿をキメてらっしゃったからなのですが…
絶対この中にいるはず!でも見当たらない。
御神輿の後を奥さんが着いて歩いてたのだけど、やっぱりどこにいるか見えないそうなので取りあえず撮影だけは!
こういう灯籠のような御神輿がほかにもありました。珍しいですよね??

170731_浮き城まつり04

5時から御神輿がはじまり、途中7時からだんべ踊りをはさみ、また御神輿タイム。その後8時過ぎに新町通りからお囃子の山車が連なってきて、最後に武蔵野銀行と埼玉りそな銀行前の交差点で叩き合いをして、お祭り終了です。

だんべ踊りとか…意外と飽きずにずっと見ていられるから不思議だな。
よさこいみたいな格好が増えた印象ですが…。
陸王も日本遺産もあるし、来年は足袋を履いて参加する人が増えるかな?

ちなみに踊りに参加したい方は、今年は甲冑隊が参加者募集してました。来年もあるかも?
( 2017/07/31 08:00 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)

チャレンジショップ「懐かし屋」 

1700503懐かし屋福助足袋

ただいま「足袋屋横丁」のfbページ準備中です。立ち上げたのですが、少しずつ直したり手を加えたりして行きますので!とくに名前を誤ってしまったので、5日に変更予定です。(*一度修正すると一週間修正出来ないそうで)
無事修正できたらお知らせいたしますので、ぜひチェックよろしくお願いします。

足袋屋横丁は牧野本店と日和カフェの間を通る北谷通りで開催します。
125号からはチャレンジショップ「懐かし屋」さんのところを入ります。

「懐かし屋」さんは、日ごろ行田市内の信用金庫や酒屋さんのショウウィンドウなどでレトロなものを展示してきた栗原喜文(きぶん)さんのお店です。
コレクションの1%しか入らなかったというこのお店には、行田ならではで足袋関係のお宝も置いてあります。
今日の写真はそのひとつ。

その昔、松坂屋で野田醤油を販売したときの景品だった福助足袋です。(サイズ問題はどうしたんだろ…)
ほかにも足袋のものがありますので、蔵めぐり開催時(2017.5.20-21)は足袋屋横丁と一緒におたのしみください。
( 2017/05/07 08:00 ) Category ・牧禎舎の日々 | TB(0) | CM(0)