牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

【WS20:8月のWS】ふくさづくり二日目 

170905_WS01

先月27日に開催した【WS20:8月のWS】藍染めカジュアルふくさづくりの2日目、縫製の様子をご紹介します。「カジュアル」の理由は、当初の計画よりも裏布も付いて豪華になったので訂正です。
(1日目の藍染めの様子はこちら→

WSは27日に開催しましたが、ひとり予定が合わず後日に変更したので、両方の写真を混ぜて掲載いたします。

こちらのふくさはこはぜを使って閉じるのですが、ところどころ講師の仕立て屋りゅうのひげ・田山縫袋さんが下準備してくれています。まず最初はこはぜを取り付けるところからスタートしました。
足袋ではこはぜ付け用のミシンがありますが、今回はひとつしかこはぜを付けないのでこの部分は手縫いしました。

170905_WS02

次に、4辺のうち3辺を縫います。表の藍染め布と裏地がズレないように、予め縫製用の両面テープで留めて縫いました。これ本当に便利ですね。

170905_WS03

こちらは工業用ミシンを初めて使用させてもらって縫いました。「工業用のが慣れるとラク」とみんなが口々に言うのをよく聞くのですが、そうかも…。まっすぐ縫えるような支えがあったりするんです。
ゆっくり縫うことも出来るので焦らなくていいし…。

170905_WS04

縫ったらミシンで裏地が表地よりも内側になるようにアイロンがけ。全体を通して表から裏地がはみ出ないように気をつけて作りました。

170905_WS05
170905_WS06

返し口を作っています。作りなれてないと、途中で正直どこの部分なのかよく分からなくなりますね。

170905_WS07

なんとかぴったり合わせられて、角もとんがってます!
写真を撮り忘れましたが、このあとこはぜをひっかける掛け糸を取り付け、返し口をかがったら…

170905_WS08
170905_WS09

完成です!
オリジナルのふくさが出来上がりました。

お好みで表にもこはぜをつけて。

170721_WS20ふくさサンプル02

なかなかに高度なWSで、先日の展示会場でも「昨日のWSではこのふくさを作りました」とお話したら驚かれました。
もう体験の域を越えて経験です。ミシン教室並み。
時間内に集中してこれだけのことをやるというのはスパルタだな…とも思うのですが、出来上がったものはちゃんと使えるし大切にしたくなりますよね。

牧禎舎 藍染体験工房でのWSは、目的のひとつが藍染を身近にすることです。しっかり使えるもの。日常の生活のなかに居場所のあるものを作りたいと思います。

以前は月イチ開催していたWSですが、現在は不定期開催で、次は11月後半を予定しています。
スポンサーサイト
( 2017/09/05 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)

【WS20:8月のWS】カジュアルふくさづくり1日目でした 

170721_WS20ふくさサンプル02

昨日は【WS20:8月のWS】カジュアルふくさづくり1日目でした。今回のワークショップは行田商工会議所が主催している「まちゼミ」の一環として開催しました。

170820_wsふくさ01

今回も撮影をついつい忘れてしまい、工程の写真が撮れていません…。
それぞれお好きなように仕込みをしたら、お水に浸けおきします。

170820_wsふくさ03

(もう染めちゃった後の写真!)
手前にあるのはタイダイ染めの容量でくるくる巻いた状態です。どんなふうになるでしょうね?

170820_wsふくさ02

板締め絞りは色の濃淡が着くように染めます。

170820_wsふくさ06

染め上がったら、こんなかんじに!丸い板を使って、お花のような模様をひとつ作りました。
くっきり染まってます。

170820_wsふくさ05

ほかの皆さんはこんなかんじ。それぞれ良いですね。
タイダイもぐるっと回転した模様があるのが分かりますね。

右から2番目の模様、どこかで見たことあるような?とお気付きでしょうか?
さて、どこで。答えは日曜日の牧禎舎にて。
ぜひお立ち寄りください。
( 2017/08/21 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)

【WS20:8月のWS】販売用に藍染めしました 

170804ws20

準備するものなどが山盛りありまして。相変わらず水面下でいろいろ動いております。
早くお知らせしたい気持ちはありますが、ひとまずはWSのご案内から。

先日は、販売用のふくさを染めました。
こちらは8月のWSで作ることが出来ます。

大体いつもそうですが、WSのときに自分で作るほうが断然お得です。

8月のWS、まだまだ参加者募集しておりますので、2日間ご都合が合いましたらぜひご参加ください。

----------------------

WS20_ポスター


藍染カジュアルふくさ(全2回)

▶日時 *全2回
8月20日(日)、27日(日)各10時~12時

▶集合場所
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
自分で藍染めした布を使ってふくさを作ります。初日に藍染めし、2日目に縫製して完成です。柄は見本の中から自由に選んでいただきますが、無地でもお作りいただけます。封筒によりサイズ調整出来るタイプの袱紗です。
ミシン縫製講師:仕立て屋りゅうのひげ 田山縫袋

▶定員
12名

▶対象
小学4年生~

▶費用
1千500円

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎048-552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net

担当:永島(菅井)

------------------

※なお、牧禎舎 藍染体験工房のメールアドレスmakitei@…は、この頃送信がうまくされないことが続いておりますので、担当者の個人メールアドレスでお返事をさせていただく場合があります。

よろしくお願いいたします。
( 2017/08/04 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)

【WS19:6-7月のWS】最終日でした 

170724_キルティングポーチws01

土曜日は【WS19:6-7月のWS】藍染めキルティングポーチづくりのワークショップ最終日でした。

前回から2週間空いてたのですが、お家にあった布を使って、小さめのを2つも仕上て来た方もいました!
覚えたてだから、何度もやって覚えたいし、やってみると痛感しますが…次こそは等間隔に運針するぞっ!という気持ちが湧くので、次々やりたくなるのかも。
それにしてもすごいです。

170724_キルティングポーチws02

ちょっと苦戦しながらバイアスの取り方を教えてもらい、お手製のバイアスを縫い付けていきます。
バイアスを縫い付ける作業……なぜか楽しいんです。
一気に出来上がりが見えてくるからかな?

170724_キルティングポーチws03

きれいに同じ幅で出来てます!良いですね。

170724_キルティングポーチws04

バイアスを縫ったら、チャックを縫い付けます。
いよいよ完成!

…というところでさすがに時間切れ。一時間以上オーバーしたのですが、それぞれに用事もあってあとの工程を教えてもらって解散となりました。
結構おしゃべりもしてたしね。笑

170724_キルティングポーチws05

こんなにきれいに出来てますよ〜

出来上がりも、見せていただける機械があったら写真撮影してアップしたいと思います。
( 2017/07/24 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)

【WS20:8月のWS】ふくさの模様はご自由に 

170721_WS20ふくさサンプル02

現在、【WS20:8月のWS】藍染めカジュアルふくさづくり、参加者募集中です。
ぜひお早めにご予約ください。→ makitei@tabigura.net

タイトルでは「カジュアル」と入っていますが、ちゃんとした場所でもお使いいただけるくらい立派なふくさです。
一カ所縫製してるコーナーがあるので、そのため厳密には祝辞・弔辞の畳み方がどちらかだけに対応することになります。

サイズは、サンプルでは折り方が細いのですが、ご祝儀やご香典の幅のある袋のサイズにすることが出来ます。
ノートを包んだりなど、道具入れとしても使えそうです。

170721_WS20ふくさサンプル03

サンプルは棒絞りといって、広げるとこんなかんじです。
模様はお好きな柄に出来ますが、こちらでも3種類くらいは当日までに染め見本を作る予定です。

170721_WS20ふくさサンプル04

内側はこんなかんじ。写真左のコーナーはミシンで縫ってあり、袋を固定して包みやすくなっています。
下側は折り畳んでサイズ調整出来ます。

170721_WS20ふくさサンプル01

ちなみにこちらの棒絞りは、染めてるときはこんなかんじ↑です。

簡単なのでぜひチャレンジしてみてください。
ご参加お待ちしております!

----------------------

WS20_ポスター


藍染カジュアルふくさ(全2回)

▶日時 *全2回
8月20日(日)、27日(日)各10時~12時

▶集合場所
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
自分で藍染めした布を使ってふくさを作ります。初日に藍染めし、2日目に縫製して完成です。柄は見本の中から自由に選んでいただきますが、無地でもお作りいただけます。封筒によりサイズ調整出来るタイプの袱紗です。
ミシン縫製講師:仕立て屋りゅうのひげ 田山縫袋

▶定員
12名

▶対象
小学4年生~

▶費用
1千500円

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎048-552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net

担当:永島(菅井)

------------------

※なお、牧禎舎 藍染体験工房のメールアドレスmakitei@…は、この頃送信がうまくされないことが続いておりますので、担当者の個人メールアドレスでお返事をさせていただく場合があります。

よろしくお願いいたします。
( 2017/07/21 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)

【WS20:8月のWS】藍染カジュアルふくさ(全2回) 


WS20_ポスター


藍染カジュアルふくさ(全2回)

▶日時 *全2回
8月20日(日)、27日(日)各10時~12時

▶集合場所
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
自分で藍染めした布を使ってふくさを作ります。初日に藍染めし、2日目に縫製して完成です。柄は見本の中から自由に選んでいただきますが、無地でもお作りいただけます。封筒によりサイズ調整出来るタイプの袱紗です。
ミシン縫製講師:仕立て屋りゅうのひげ 田山縫袋

▶定員
12名

▶対象
小学4年生~

▶費用
1千500円

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎048-552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net

担当:永島(菅井)

------------------

やっと準備が出来ました!
8月のワークショップ、お申し込み受付中です。

写真では通常の封筒サイズに畳まれていますが、ふくさとしてお使いいただけるよう、実際には約13cm×20cmの仕上がりにも出来ます。

※なお、牧禎舎 藍染体験工房のメールアドレスmakitei@…は、この頃送信がうまくされないことが続いておりますので、担当者の個人メールアドレスでお返事をさせていただく場合があります。

よろしくお願いいたします。
( 2017/07/17 10:23 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)

【WS19:6-7月のWS】キルティングの日でした 

170702_ws19キルティング01

昨日は梅雨の雨の中、第2回目の作業の日でした。
前回藍染めした生地を、この日までに3度洗ってきていただいて、今回はキルティングをする日です。

内側になる裏地と綿と藍染めした表地を重ねて、しつけをして、好きな形にキルティング。
初心者向けに斜線でいいかなぁと思っていたのですが

170702_ws19キルティング02

見えるでしょうか?柄に合わせて縫ってます!すごい。

170702_ws19キルティング03

こちらも!こちらは糸が白っぽいから見えにくいかも。絞りの模様に沿って縫ってあります。蓮の葉に見えてきた。笑
周囲にうっすら斜線が見えるのは、このあと並縫いする目印です。

170702_ws19キルティング04

こちらも糸が白っぽくて見えにくいですね。☆の輪郭に沿って縫ってあります。
きれいに出来てると思うのですが、ご本人的には、やり直しする!そうです。
根気があって、すごい〜!

キルティングの縫い方を覚えたら、つづきはお家で作業してきていただきます。

次回は最終回。ポーチ完成まで間近です。楽しみですね!
( 2017/07/02 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)

【WS19:藍染めキルティングポーチ作り】初日でした 

ご紹介が遅くなってしまいましたが、先々週の土曜日は【WS19:藍染めキルティングポーチ作り】初日でした!

久しぶりに複数回によるワークショップでした。
参加者は3名と少なかったのですが、全3日というのがなかなか予定が合わなかったようで。
ちょっと寂しいですが少人数で充実のワークショップになりそうです!

170626_ws19_藍染め01

さて、好きな模様を縫ったりしぼったりして仕込んでから水にしばらく浸します。
縫うときは並縫いをする場合が多いのですが、並縫いとはいえ結構時間がかかります。
あとから思うと3名が限度だったかも。

170626_ws19_藍染め02

充分布に水が染み込んだら、水気を絞って、藍染めです。
この写真の少なさが…忙しなさを物語っておりますですな。

170626_ws19_藍染め03

初回、藍染め。出来上がったのがこちらです!

170626_ws19_藍染め04

巻き上げ絞りとビー玉、☆の形の縫い絞り、縫い絞りと巻き上げの組み合わせ(藍返しで色の差もつけて)。
それぞれ違った雰囲気のものが染め上がりました。

今回はみなさん東西の甕を合わせて計4回染めました。

このあと次の回までの間、ご自宅で3回洗ってきていただきます。
次の工程からは縫製作業になります。出来上がって行くのが楽しみですね!

---
西が結構薄くなってきました。
いよいよ本当に藍建かなぁ?
薄く染めたければ藍建前じゃないと出来ないので、水色に染めたいものを今のうちにリストアップしておかねば。
( 2017/06/26 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)

【WS19:6-7月のWS】お申し込み受付中です 

170514_WS19ポスター

市報ぎょうだ6月号にも掲載いただいてます。初回が6/17(土)とちょっと申込期間が短かったので、ブログでは早めに掲載だけしていましたが、受付ももう開始しております!
ぜひお越し下さい。

今回のWSは全3回となっています。

・6/17(土)【1日目】藍染めの日
・7/1(土)【2日目】縫製・キルティングの日
・7/22(土)【3日目】縫製・ポーチ完成の日

となります。

初回の6/17 10時〜12時の間に藍染めまで終わらなかった方は、
・6/17(土)午後
・6/18(日)午後
・6/23(金)〜25(日)
上記のどれかの日に藍染めしていただきます。

藍染めが出来たら、充分洗っていただいて、そしてキルティングの工程に入ります。

170531_ws19_キルティングポーチ03

私は始めてのキルティングだったのですが、糸が表に見えないほうが良いのかと思っていたら、見えなすぎるのも良くないそうです。

170531_ws19キルティング01

難しく思えるけど、ほとんどが単純作業なので、覚えてしまえばお家でちょっとした時間にコツコツ出来て、出来上がってから使えるというのも良いですね!
見本が牧禎舎 藍染体験横暴にありますので、お越しの際はぜひご覧ください。

170511_WS19ポーチづくり

今回のWSではキルティングの形は菱形(正方形)ですが、講師の飛田恭子さんに作っていただいた見本は柄に沿った線になっています。

170531_ws19先生のサンプル

今回の余った端切れで小さいポーチも出来ました!WSではファスナーは1つしか付きませんので、2つ目を作られる場合は長さにあったものをご自分でご用意していただくことになりますが、作り方を覚えてぜひお家で2つ目も作ってみてください。

ご参加お待ちしております!
お申し込み先: makitei@tabigura.net

------------------

170514_WS19ポスターサムネイル

藍染めキルティングポーチづくり

▶日時 *全3回(場合により4回)
6月17日(土)10時~、7月1日(土)、22日(土)
各10時~12時

▶集合場所
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
自分で藍染めした布を使ってポーチを作ります。柄は自由です。無地でも良いし、ビー玉を入れたり、ツートンにしても。ご相談ください。
初日に藍染めに進めなかった方は6月23日~25日の間に要藍染めしていただきます。または初日の午後に染めてもOKです。
見本のような大きな模様ひとつや、無地の藍染めは早ければ初日の2時間内で出来ます。
7/1、22はキルティングなど縫製の工程になります。

サイズ:H10×W15.5×D3cm。キルト講師:飛田恭子

▶定員
12名

▶対象
小学4年生~(針が使えればOK)

▶費用
3千円

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎048-552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net

担当:永島(ながしま)

------------------
( 2017/05/31 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)

【WS19:6-7月のWS】藍染めキルティングポーチづくり(全3〜4回) 

170514_WS19ポスター

久しぶりにワークショップ開催のお知らせです!
一日で完成ではなく、何度かお越しいただく内容なので、みなさんとお会いしながら少しずつ出来上がっていくのを楽しみにしています。

日常使いしやすいサイズなので、出来上がったらぜひ愛用していただきたいです。こちらのご案内をもって、お申し込み受付開始とさせていただきますので、ぜひお申し込みください。お申し込みはメールが牧禎舎の担当直なのでお薦めです。
開館日に牧禎舎へ来館されますと、実際の見本も見られますのでお声かけくださいね。

-------------------

藍染めキルティングポーチづくり

▶日時 *全3回(場合により4回)
6月17日(土)10時~、7月1日(土)、22日(土)
各10時~12時

▶集合場所
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
自分で藍染めした布を使ってポーチを作ります。柄は自由です。無地でも良いし、ビー玉を入れたり、ツートンにしても。ご相談ください。
初日に藍染めに進めなかった方は6月23日~25日の間に要藍染めしていただきます。または初日の午後に染めてもOKです。
見本のような大きな模様ひとつや、無地の藍染めは早ければ初日の2時間内で出来ます。
7/1、22はキルティングなど縫製の工程になります。

サイズ:H10×W15.5×D3cm。キルト講師:飛田恭子

▶定員
12名

▶対象
小学4年生~(針が使えればOK)

▶費用
3千円

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎048-552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net

担当:永島(ながしま)

------------------

tabiyayokocho2017_fbバナー

↑第13回 ぎょうだ蔵めぐりまちあるき同日開催「足袋屋横丁」詳細はこちら!
( 2017/05/14 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)