牧禎舎(まきていしゃ) - 藍染体験工房 -

埼玉県行田市。足袋と蔵。昔ながらの藍染め。まちの記憶に寄り添ってつくるモノとじかん。

【WS18:4月のWS】藍染めふっくら足袋をちょい見せ 

170318_ws18_01

【WS18:4月のWS】藍染めふっくら足袋づくり、現在参加お申し込み受付中です。午前中はあと1名ですが、午後はまだ余裕ありますので今ならお友達を誘ってご参加いただけます。ぜひご参加ください。

講師をしてくれる豆足袋工房さんによる手づくりの足袋型ストラップ「豆足袋ストラップ」と「ふっくら足袋」。今回は大きなほうの「ふっくら足袋」を作ります。「豆足袋もいいなぁ〜」と思ったのですが、「小さすぎて返って難しい」ということで…確かにそうですね。
時間内に終わっていただくことを考えると、今回は「ふっくら足袋」づくりとなりました。

170318_ws18_02

ふっくら足袋に付いている忍城の模様が入った甲馳は豆足袋工房さんのオリジナルです!

170318_ws18_03

小さな鈴も付いています。おけいこ事などのバッグに下げるのも良いですね。

170318_ws18_04

底には刺し子生地を使用。この縦のラインがあると縫うときに布の地の目(向き)の目安になって縫いやすいのだそう。

170318_ws18_05

刺し子生地は、白とグレー(雲)のどちらかからお選びいただけます。*雲の模様の出方は一枚一枚違います。

ご参加お待ちしております!

--------------

WS18サムネイル

藍染め「ふっくら足袋」づくり

▶日時
4月9日(日)
(1)10時~12時(2)13時半~15時半 各回 8名ずつ

▶会場
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
忍城のイラスト入りこはぜが付いた足袋型ストラップ「ふっくら足袋」を牧禎舎の藍染め生地を使ってつくります。底に使用する刺し子生地は「白」「雲」のどちらかをお選びください。
講師:豆足袋工房

▶予約の定員
各回8名 計16名

▶対象
小学4年生~

▶費用
千円

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎048-552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net
スポンサーサイト
( 2017/03/18 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)

【WS18:4月のWS】藍染めふっくら足袋づくり 

WS18ポスター

お知らせの準備がだいぶ遅くなってしまっていました。
『市報ぎょうだ』3月号にも掲載していただきましたが、今度のWSは4/9(日)開催となっています。
行田好きにはお馴染み「豆足袋ストラップ」の豆足袋工房さんを講師にお迎えして、「ふっくら足袋」を縫って作ります。

最初、豆足袋がいいなぁ〜と思ってたんですが、小さすぎても難しい、ということが分かり、豆足袋よりは大きめサイズのふっくら足袋になりました。

いつものようにこちらで事前に藍染めされた生地を使用して、当日は縫う作業からスタートです。

もちろん豆足袋工房オリジナルの忍城のイラスト入りこはぜも付けますよ!

午前と午後の回があります。ぜひご参加ください。

--------------

藍染め「ふっくら足袋」づくり

▶日時
4月9日(日)
(1)10時~12時(2)13時半~15時半 各回 8名ずつ

▶会場
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
忍城のイラスト入りこはぜが付いた足袋型ストラップ「ふっくら足袋」を牧禎舎の藍染め生地を使ってつくります。底に使用する刺し子生地は「白」「雲」のどちらかをお選びください。
講師:豆足袋工房

▶予約の定員
各回8名 計16名

▶対象
小学4年生~

▶費用
千円

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎048-552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net
( 2017/03/01 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)

【WS17:2月のWS】初めての本格的絞り染め体験 開催しました 

この間の2/18(土)牧禎舎での「アーツ&クラフツinぎょうだ2017」と同日開催で、藍染体験工房では「【WS17:2月のWS】初めての本格的絞り染め体験」を開催しました。

170127_ws17sample

今回はこれまで習った「ちょうちょ絞り」「巻き上げ絞り」「帽子絞り」を復習するような内容でした。が、皆さん初めての方ばかりでしたね。ちょっと難しかったでしょうか?

170222_ws17_01

事前準備はお手伝いチームにも作業をお願いして、準備ばっちりでした。

170222_ws17_02

牧禎舎のワークショップ…結構スパルタでしょうか……
時間内に藍染めまで終わる方が1名しかいなかったので、染めはまた後日ご来館いただくことになりました。

170222_ws17_03

ワークショップのときは教えてくれるてっちゃんが師匠から教わった手順で進めるので、独特な糸のもち方など覚えるのが慣れるまで難しいかもしれません。
基本を覚えたら、あとの日頃の作業は自分のやりやすいようにやると良いですね。

みなさんの絞り染めの先生のイメージは、高齢の女性というイメージがあったようで、てっちゃんが男性で若者だったのでえらく驚きと感心があったようです。笑 気持ちは分かります。
てっちゃんにも、みなさんにも、そういう場を提供していくことは大切なことだと思っているので、もう少し下支え出来るアイデアをこれからも考えていきたいと思います。

では、みなさんが藍染めに来られるのを楽しみにしています!
( 2017/02/22 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)

【WS17:2月のWS】やっとサンプル出来上がりました! 

170127_ws17sample

2月の絞り染めワークショップ(まちゼミ)用のサンプルがやっと出来上がり、写真を撮れました。実はずっと昨年の2月と5月に使用した写真を使ってしのいでいたのでした。

本当はもっと早く準備したかったのですが、これまで習ったことがあるちょうちょ絞り・巻き上げ絞りのほかに新たな技法をひとつ加えたくて。でも当初考えていた技法を実際にやってみたら難しすぎてしまい…。

もっと簡単に成功出来て、道具があまり必要じゃない、ハンカチみたいな薄い布でうまく行く技法のものをと再度試して(一度失敗し…)この間なんとか分かりやすそうなものが出来上がったのでした。

これまでの様子で、形が出来るものや、帽子絞りのやり方を知りたいという声もあったので、今回はそれらをプラスしました!平縫い(並縫い)なら出来るかた多いですもんね。

お申し込みお待ちしています。

現在、午前中の回はいっぱいになりましたので、午後の回のみ募集しています。午後は、ワークショップが終わる頃にはもうアーツ&クラフツもお開きになっているはずなので、午前中にアーツ&クラフツをめぐるのがオススメです。

----------------

170120_WS17ポスターサムネイル

初めての本格的絞り染め体験

▶日時
2月18日(土)
(1)10時~12時(2)13時半~15時半 各回 5名ずつ

▶集合場所
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
輪ゴムやビー玉を使った絞り染めよりもワンランク上の絞り染めの講座です。一度やり方を覚えたら空いてる時間にお家でも作業できるのでこの機にぜひお越し下さい。牧禎舎でご用意したハンカチ(45cm角)を使用します。
柄の数によっては時間がかかるため、後日藍染め出来るよう引換券のご用意もあります。お気軽にご参加ください。

▶予約の定員
各回5名ずつ 計10名

▶対象
小学6年生~

▶費用
1千500円(染め代込み)

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net

* * * * *

ACG2017サムネイル

アーツ&クラフツinぎょうだ2017

↓足袋蔵ネットワークblogにて更新中!
http://blog.livedoor.jp/tabigura/archives/cat_10024617.html

( 2017/01/28 08:01 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)

【WS17:2月のWS】午前の回は満了。午後の回はまだ空いてます。 

【WS17:2月のWS】絞り染めのワークショップ(まちゼミ)ですが、午前の回はいっぱいになりました。お申し込みいただきどうもありがとうございます。
午後の回はまだ4席空いてますのでお友達とのご参加もいただけます。

ワークショップ当日は、牧禎舎にて「アーツ&クラフツinぎょうだ2017」を開催しています。そのため、駐車場が混み合っている可能性があります。
とくに午後の回(13時半〜)に参加されるかたは、市民プールのローターリー付近の無料駐車場を最初からご利用いただいたほうが無難です。よろしくお願いいたします。

駐車場のご案内はこちらの記事もご確認ください。→

----------------

170120_WS17ポスターサムネイル

初めての本格的絞り染め体験

▶日時
2月18日(土)
(1)10時~12時(2)13時半~15時半 各回 5名ずつ

▶集合場所
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
輪ゴムやビー玉を使った絞り染めよりもワンランク上の絞り染めの講座です。一度やり方を覚えたら空いてる時間にお家でも作業できるのでこの機にぜひお越し下さい。牧禎舎でご用意したハンカチ(45cm角)を使用します。
柄の数によっては時間がかかるため、後日藍染め出来るよう引換券のご用意もあります。お気軽にご参加ください。

▶予約の定員
各回5名ずつ 計10名

▶対象
小学6年生~

▶費用
1千500円(染め代込み)

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net

* * * * *

ACG2017サムネイル

アーツ&クラフツinぎょうだ2017

↓足袋蔵ネットワークblogにて更新中!
http://blog.livedoor.jp/tabigura/archives/cat_10024617.html

( 2017/01/24 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)

【WS16:12月のWS】母屋の座布団、出来上がり! 

【WS16:12月のWS】でボランティアの方に染めていただいた生地が、いよいよ完成しました!

昨日はアーティストシェア工房の仕立て屋りゅうのひげさんに座布団カバーを仕上げていただきました。

170122ws17_01

縫製はりゅうのひげさんの生徒さんにもご協力いただきました。心強いです。

170122ws17_03

座布団は裏表別々の生地や染めを組み合わせてあり、両A面(この言葉は若者にも通じますか?)です。

170122ws17_02

170122ws17_04

こはぜファスナー!です。

170122ws17_05

170122ws17_06

ちまちまとファスナー付け…。

座布団は、1月26日(木)の縁側カフェにてデビューします。ぜひお越し下さい。

2月18日(土)の「アーツ&クラフツinぎょうだ2017」では母屋の和室はイートインスペースになる予定ですので、その際ももちろんお使いいただけます。ぜひご利用ください。

* * * * *

ACG2017サムネイル

アーツ&クラフツinぎょうだ2017

↓足袋蔵ネットワークblogにて更新中!
http://blog.livedoor.jp/tabigura/archives/cat_10024617.html
( 2017/01/23 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)

【WS17:2月のWS】午前の回はあと1名です 

170120_WS17ポスター

2/18(土)開催の2月のワークショップ(まちゼミ)は、午前中の回があと1名となりました。午後の回はあと4名の空きがあります。ぜひご家族・お友達とお申し込みください。もちろんおひとりでも大丈夫ですよ!

2/18は牧禎舎で「アーツ&クラフツinぎょうだ2017」を開催しています。飲食の出展もあり、センスとクォリティの高い作家モノの展示販売をしておりますので、いつもより賑やかです。こちらもぜひお楽しみください。

いつも藍染体験工房のワークショップ(講座)は『市報ぎょうだ』へ掲載依頼をしているのですが、今回は年明けの忙しさにすっかり忘れてしまい、市報へは掲載されません。
その分、「まちゼミ」のご案内が20日に新聞折り込みされているのでセーフ…!有り難いです。(*ただし私の確認ミスで「日曜定休」となっておりますが、「日曜のみ開館」の誤りです!とんでもない誤りですみません!!よろしくお願いします)

まちゼミ(ワークショップ)のお申し込みはメールでも承っております。→ makitei@tabigura.net
お申し込みお待ちしております。

----------------

初めての本格的絞り染め体験

▶日時
2月18日(土)
(1)10時~12時(2)13時半~15時半 各回 5名ずつ

▶集合場所
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
輪ゴムやビー玉を使った絞り染めよりもワンランク上の絞り染めの講座です。一度やり方を覚えたら空いてる時間にお家でも作業できるのでこの機にぜひお越し下さい。牧禎舎でご用意したハンカチ(45cm角)を使用します。
柄の数によっては時間がかかるため、後日藍染め出来るよう引換券のご用意もあります。お気軽にご参加ください。

▶予約の定員
各回5名ずつ 計10名

▶対象
小学6年生~

▶費用
1千500円(材料・染め代込み)

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net

* * * * *

ACG2017サムネイル

アーツ&クラフツinぎょうだ2017

↓足袋蔵ネットワークblogにて更新中!
http://blog.livedoor.jp/tabigura/archives/cat_10024617.html
( 2017/01/22 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)

【WS17:2月のWS】絞り染め体験参加者募集 

170120_WS17ポスター

1月はお休みさせていただいた月イチワークショップですが、2月はアーツ&クラフツに合わせて2/18(土)に開催いたします。

【WS17:2月のWS】は、行田商工会議所主催の「まちゼミ」の一環でもあります。
今朝の新聞折り込みにこの「まちゼミ」のご案内が入っています!どうぞご覧下さい。(*ただし私の確認ミスで「日曜定休」となっておりますが、「日曜のみ開館」の誤りです!よろしくお願いします)
まちゼミ(ワークショップ)のお申し込みはメールでも承っております。
お申し込みお待ちしております。

makitei@tabigura.net

----------------

初めての本格的絞り染め体験

▶日時
2月18日(土)
(1)10時~12時(2)13時半~15時半 各回 5名ずつ

▶集合場所
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
輪ゴムやビー玉を使った絞り染めよりもワンランク上の絞り染めの講座です。一度やり方を覚えたら空いてる時間にお家でも作業できるのでこの機にぜひお越し下さい。牧禎舎でご用意したハンカチ(45cm角)を使用します。
柄の数によっては時間がかかるため、後日藍染め出来るよう引換券のご用意もあります。お気軽にご参加ください。

▶予約の定員
各回5名ずつ 計10名

▶対象
小学6年生~

▶費用
1千500円(染め代込み)

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net

* * * * *

ACG2017サムネイル

アーツ&クラフツinぎょうだ2017

↓足袋蔵ネットワークblogにて更新中!
http://blog.livedoor.jp/tabigura/archives/cat_10024617.html

( 2017/01/20 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)

【WS16:12月のWS】その後… 

昨年12月に開催した牧禎舎 藍染体験工房の第16回目のワークショップ…。深谷市から手織り工房ー志楽ーさんにお越しいただき、コチニールと栗で草木染めをしたり、藍染めをして母屋の座布団カバーとなる生地をボランティアの方に染めていただきました。

161210_ws志楽さん05

161210_ws志楽さん01

このときは今よりも気温は暖かかったものの、やはり寒かったですね!
12月のワークショップの様子についてはこちらをご覧下さい→

みなさんにがんばって染めていただいた生地は、今年に入ってから仕立て屋りゅうのひげさんへバトンタッチ。
少しずつ縫製が始まっていますよ〜。

170118_WS16_01

170118_WS16_02

170118_WS16_03

↑二枚の生地を縫い合わせてます!継ぎ目が分かりませんね。
きれいに同じように染まっているのも継ぎ目が分からないポイントですね。
こちらの生地はひとり一枚担当していただいたのでふたりで染めていますが、ふたりともちゃんと同じ色ですね!

170118_WS16_04

170118_WS16_05

これで裁断終了です!
仕立て屋りゅうのひげさんに補強など工夫していただいてます。座り心地も楽しみですね。

座布団は1/26(木)の縁側カフェにて新しく下ろすことになっています。ぜひお立ち寄りください!
( 2017/01/18 08:01 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)

【WS16:12月のWS】抜染 

170104_忍城シルクスクリーン

年末のとある日…。母屋の座布団カバーのうち、ひとつは抜染をしたいと思い、染めておいた生地をつかって抜染をしました。
片付けのままならない道具置き場?から引っぱり出してくるは忍城の図!です。
永沼さんが館長されてた時代に製版したんだと思います。

この作業台も久しぶりに登場です。

170104_忍城抜染

写真は抜染剤を置いたところです。もう乾き始めて糊がかなり白く見えます。これをすすぐと下の生地の本来の色になるので、ここまで白くはなりません。

ところで、こちらの生地は昨年9月に手織り工房ー志楽ーさんでススキ染めをしたときに草木染め用に下処理をしてもらった生地でした。下処理後、ちょっとヌルヌルしていて「糊が残ってるのかなぁ?」と思い、染料を弾きそうに見えたので、染めるのをやめて避けていた生地でした。

それを藍染めする前までによく水に浸したりしてから染めたところ…ほんの5〜6回程度でこんなに濃紺になってしまいました!びっくりです。

私は詳しくないのですが…以前、下処理して布をプラスイオン化してしまうと、藍の色素を吸着しすぎてしまうので、そういう下処理はしないように、と聞いていました。こういうことなんですね。

そういえば12月のワークショップの下準備をする中で、志楽さんが草木染めされたハンカチを藍染めしたことがあって、そのときも青を通り越して黒っぽくなってしまったのでした。

これをすると淡い色(水色)や中間色(青、藍色)は表現できません。
それ以前に、こうした処理をした生地の持ち込みはお受け出来ませんので、よろしくお願いします。


抜染後、洗って乾燥させた色がこちらです。

170104_03

生地の色がもともとベージュっぽい色で、さらに生地に厚みがあったため、裏側の藍色が残ってるせいか表側の色が濃く見えるのかな?
一緒についでに抜染してみたまっしろい足袋生地のほうは、色が抜けたところが真っ白く見えます。(とはいえ写真ではオーバーに写ってしまっています。)こちらは生地の裏面もうっすら色が抜けていました。
( 2017/01/04 08:00 ) Category ・藍染めワークショップ | TB(0) | CM(0)